第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され好評を得た、ミア・ハンセン=ラブ監督の最新作『ベルイマン島にて』が4月22日(金) シネスイッチ銀座他全国順次公開されることが決定した。あわせて予告編も解禁。ベルイマンを敬愛する映画監督カップルが、彼の愛した島で過ごすひと夏が描かれている。

「この島が、心の凪に波を立てる」

スティーヴン・スピルバーグやマーティン・スコセッシなど、今日の巨匠と呼ばれる映画監督たちに、多大な影響を与えた“20世紀最大の巨匠”イングマール・ベルイマン。本作『ベルイマン島にて』は彼の熱狂的な支持者の一人であるミア・ハンセン=ラブ監督が、ベルイマンの原風景と言われるスウェーデンの島を舞台に撮影した作品。創作活動も夫婦関係も停滞中の映画監督カップルの物語だ。

今回解禁された予告篇では、映画監督カップルのクリス(ヴィッキー・クリープス)とトニー(ティム・ロス)がスウェーデンの“フォーレ島”へやってくるシーンから始まる。

“フォーレ島”、そこは巨匠イングマール・ベルイマンが数々の傑作を生みだした島である。彼のかつての仕事場が現在は世界中のアーティストに開放されており、クリスとトニーは新作のインスピレーションを得ようとひと夏を過ごすことにしたのだ。一面真っ青で煌びやかな海に、心が晴れやかになるような青空、大自然の緑に囲まれた時間に、「穏やかで完璧すぎて」「息が詰まる」と言うクリス。一方、トニーは涼しい顔で「落ち着くよ」と答える。

「離婚する人が続出した映画」と言われたベルイマン監督の『ある結婚の風景』が撮影された家で過ごすうちに、まるでその魔力にかかったかのように少しずつギクシャクし始める二人が描き出される。そんな中でクリスは、フォーレ島で再会し恋心が再燃するかつての恋人同士の物語を紡ぎ始める。

だが、クリスが「脚本執筆は拷問みたい」と悪戦苦闘しながら書いた新作の構想を相談しても、「(そんなに辛いなら)他のことをやれば?」と、トニーは他人事のようにクールな返事しか返してくれない。そんな彼に苛立ちを隠せないクリス。やがて島で見つけた暮らしや思いがけない出会いが、彼女の心模様を変えていく。「この島が、心の凪に波を立てる」——。

イングマール・ベルイマンの息吹がそこかしこに残る北欧の島でひと夏過ごしたクリスとトニー、クリスの脚本の中のカップル。果たして、彼らの物語の行方は―!?

観る者にこの物語の深い味わい方を投げかけ、北欧の離島での毎朝目覚める度にワクワクするような新たな旅暮らしに連れ出してくれる、稀有なる映像体験を味わえる作品だ。

作品情報

ベルイマン島にて
2022年4月22日(金)シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー

監督・脚本:ミア・ハンセン=ラブ『未来よ こんにちは』『あの夏の子供たち』『EDEN/エデン』
出演:ヴィッキー・クリープス『ファントム・スレッド』、ティム・ロス『海の上のピアニスト』、ミア・ワシコウスカ『アリス・イン・ワンダーランド』、アンデルシュ・ダニエルセン・リー『パーソナル・ショッパー』

原題:BERGMAN ISLAND│2021年│フランス・ベルギー・ドイツ・スウェーデン│英語│113分│カラー│スコープ│5.1ch│日本語字幕:平井かおり│映倫区分:G(一般)
提供:木下グループ 配給:キノフィルムズ    後援:スウェーデン大使館

© 2020 CG Cinéma ‒ Neue Bioskop Film ‒ Scope Pictures ‒ Plattform Produktion ‒ Arte France Cinéma

公式サイト bergman-island.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事