女性たちの連帯と共闘を描くシスター・ハードボイルド・アクション映画『ガンパウダー・ミルクシェイク』(3月18日公開)より本編映像が解禁された。本作のメインキャストであり強烈キャラを演じているカレン・ギラン、レナ・へディ、カーラ・グギーノ、アンジェラ・バセット、ミシェル・ヨーによるド迫力銃撃戦&肉弾戦シーンだ。

死闘の背景に流れるのはジャニス・ジョプリンによる名曲『心のカケラ』

前作『オオカミは嘘をつく』でクエンティン・タランティーノ監督から「本年度最高傑作」と絶賛されたイスラエル出身の鬼才ナヴォット・パプシャド監督。その最新作となる本作は、ネオンきらめくクライム・シティを舞台に、女性たちの連帯と共闘を描いたアクション大作。主人公の殺し屋サムを演じるのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのカレン・ギラン。少女エミリー役は『アバター2』にも出演する注目の子役クロエ・コールマン。

今回解禁された死闘シーン映像の舞台は、歴史を感じさせる厳かな図書館。図書館とは表向きの顔で、実は名うての殺し屋だった3人の女性図書館員が運営する犯罪者御用達の武器庫だ。

そんな女たちの聖域に逃げ込んだサム(カレン・ギラン)と8歳の少女エミリー(クロエ・コールマン)は、サムの母スカーレット(レナ・へディ)、女性図書館員のアナ・メイ(アンジェラ・バセット)、マデリン(カーラ・グギーノ)、フローレンス(ミシェル・ヨー)の助けを借りて、追手の悪党どもとの死闘に身を投じていく。

まずはマデリン。ワンボックスカーにエミリーを避難させて、ジャニス・ジョプリンによる名曲『心のカケラ』をヘッドフォンで聴かせる。これから起こる阿鼻叫喚の音から、いたいけな少女エミリーを守るために。そして迫りくる殺し屋たちにサンルーフからガトリング砲を乱射。キラキラした大量の空の薬莢が雨あられとエミリーの頭上に降り注ぐ。

サムとスカーレットは、母娘コンビで追手たちと至近距離で対峙。サムはトンファー、スカーレットは銃剣を武器に、屈強な男たちを次々となぎ倒していく。一方、アジア最強のアクション女優ミシェル・ヨー扮するフローレンスは、まるで“スケバン”かのように鋼鉄チェーンと拳でファイト。そしてアナ・メイは『オールド・ボーイ』(03)を彷彿とさせる二丁トンカチで敵を血祭りにあげる。

この図書館の総力戦シーンについてナヴォット・パプシャド監督は「オペラ的にしたかったので、各キャラクターの性格に合った、それぞれに異なる見せ場を作った。様々なファイティング・スタイルを一体化させる必要があったので、各シークエンスがうまくシンクロするように編集を工夫した」とこだわりを明かしている。

「女がどんなにタフだか教えてあげる」。ブチ切れた女たちの死闘の背景に流れる『心のカケラ』は、さながら“女たちの挽歌”のようだ。

『ガンパウダー・ミルクシェイク』は3月18日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

作品情報

ガンパウダー・ミルクシェイク
2022年3月18日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

監督・脚本:ナヴォット・パプシャド
出演:カレン・ギラン、レナ・ヘディ、カーラ・グギーノ、クロエ・コールマン、アダム・ナガイティス、ミシェル・ヨー、アンジェラ・バセット、ポール・ジアマッティ
2021年|フランス・ドイツ・アメリカ合作|英語|カラー|スコープサイズ|DCP|114分|原題:Gunpowder Milkshake|PG12

配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ

© 2021 Studiocanal SAS All Rights Reserved.

公式サイト https://www.GPMS-movie.jp

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事