「映像の詩人」と呼ばれたアンドレイ・タルコフスキー監督の生誕90周年を記念して、特集上映「タルコフスキー、アトモスフェア」が5月7日(土)より渋谷・ユーロスペースにて開催されることが決定した。

『僕の村は戦場だった』『惑星ソラリス』など7作品を上映

アンドレイ・タルコフスキー監督(1932年4月4日~1986年12月29日)は長編監督作は7本と寡作だが、水、雨、光など自然を駆使した抒情的な作風により映像の詩人と呼ばれ、没後30年を経て、いっそう世界中の映画ファンを虜にしている。

『惑星ソラリス』

上映作品は長編第一回監督作品『僕の村は戦場だった』、SF映画史上に金字塔を打ち立てた『惑星ソラリス』など7作品。上映期間中はトークイベントも予定されている。

『僕の村は戦場だった』

上映作品

『ローラーとバイオリン』1960 年│ソビエト│カラー│46 分
『僕の村は戦場だった』1962 年│ソビエト│モノクロ│94 分
『アンドレイ・ルブリョフ』1967 年│ソビエト│モノクロ&カラー│182 分
『惑星ソラリス』1972 年│ソビエト│モノクロ&カラー│165 分
『鏡』1975 年│ソビエト│カラー│110 分
『ストーカー』1979 年│ソビエト│カラー│163 分
『ノスタルジア』1983 年│イタリア・ソビエト│モノクロ&カラー│126 分

上映情報

生誕90周年記念特集上映「タルコフスキー、アトモスフィア」
2022年5月7日(土)~5月20日(金)、渋谷ユーロスペースにて開催

主催:ユーロスペース
協力:ザジフィルムズ/パンドラ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事