映画配信サービス「JAIHO(ジャイホー)」にて2022年5⽉に配信開始される全作品ラインナップが発表された。

特集企画は「光州事件・韓国⺠主化運動特集」と「ロビー・ミューラー特集」に決定

5⽉のJAIHOは、インドの名作『きっと、うまくいく』のラージクマール・ヒラニ監督作『ムンナー兄貴、医者になる』をはじめ、2度のカンヌ国際映画祭グランプリ受賞歴をもつブリュノ・デュモン監督の『スラック・ベイ』、世界の映画祭を席巻し『サスペリア』『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダーニノ監督が“⼈間の⾒えない部分が露わになる”と絶賛した『BEGINNING/ビギニング』、数多くの名作を⽣み出してきたホン・サンス監督の⽇本未公開作『あなた⾃⾝とあなたのこと』など6作品のプレミア作品を配信する。

また、毎⽉注⽬を集める特集企画は「光州事件・韓国⺠主化運動特集」と「ロビー・ミューラー特集」に決定。韓国現代史上に残る悲劇とも⾔われる“光州事件”と向き合い、初めて商業作品化した『光州5・18』と、これがプレミア公開となるドキュメンタリー作品『キム君』の2本⽴てで贈る「光州事件・韓国⺠主化運動特集」。そして、ヴィム・ヴェンダースやラース・フォン・トリアー、ジム・ジャームッシュ等、映画界の異端児、個性派と呼ばれ、いまや巨匠として世界中に知られる監督たちを⽀え続けた撮影監督ロビー・ミューラーの⽣涯を辿るドキュメンタリー映画『光に⽣きる ̶ ロビー・ミューラー』と、彼とタッグを組んだ監督たちの時代を越えて愛される名作を配信する。

2022年5⽉の注⽬作品

『ムンナー兄貴、医者になる』(2003年/インド)
5⽉3⽇(⽕)〜 ※プレミア作品 ※リクエスト作品 ※60⽇間配信
『きっと、うまくいく』(09)のラージクマール・ヒラニ監督が2003年に発表した⻑編デビュー作。主演は“サンジュ”の愛称で知られるボリウッドの国⺠的スター、サンジャイ・ダット。ヒラニ監督は続く『ムンナー兄貴、ガンディーと出会う』(06)【JAIHOで2022年6⽉配信予定】でもダットを主演に迎え、『PK』(14)では主⼈公を助ける「兄貴」役に起⽤。第5作『SANJU/サンジュ』(18)では彼の波乱万丈な半⽣を映画化し、2018年ボリウッドNo.1、世界興収100億円突破の⼤ヒットを記録した。

『スラック・ベイ』(2016年/フランス、ドイツ)
5⽉6⽇(⾦)〜 ※プレミア作品 ※60⽇間配信
『ユマニテ』(99)、『フランドル』(06)で2度のカンヌ国際映画祭グランプリ受賞歴をもつブリュノ・デュモン監督が、2014年「カイエ・デュ・シネマ」誌ベストテン第1位に選ばれた衝撃作『プティ・カンカン』(14)に続いて放った空前絶後の怪作。前作をさらに発展させ、美しい⽥舎町で起こる連続失踪事件や悪ガキたちといった要素に加え、ファブリス・ルキーニ、ジュリエット・ビノシュ、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキといったスター俳優たちの共演、20世紀初頭を舞台としたゴージャスな⾐装や荘厳な⾳楽、さらには突然空を⾶ぶ⾁体や⾷⼈など、唯⼀無⼆の世界がここに極まった。2016年のカンヌ国際映画祭コンペティション部⾨に出品され、「カイエ・デュ・シネマ」誌ベストテンでは第5位に選ばれた。

『スラック・ベイ』配信を記念して、前作『プティ・カンカン』の再配信が決定! JAIHOローンチ時にも⼤好評を博した『プティ・カンカン』、『スラック・ベイ』配信スタートの翌⽇5/7(⼟)より見ることができる。

『BEGINNING/ビギニング』(2016年/ジョージア、フランス)
5⽉9⽇(⽉)〜 ※プレミア作品 ※リクエスト作品 ※60⽇間配信
2020年の第73回カンヌ映画祭オフィシャルセレクションに選出され、第45回トロント映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞、第68回サンセバスチャン映画祭では最優秀作品賞、監督賞、⼥優賞、脚本賞を独占したほか『サスペリア』『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダーニノが“この映画は⼈間の⾒えない部分が露わになる”と絶賛した傑作。監督は本作が初⻑編となる1986⽣まれのデア・クルムベガスヴィリ。第93回アカデミー賞最優秀国際⻑編賞ジョージア代表に選出された。

『あなた⾃⾝とあなたのこと』(2016年/韓国)
5⽉31⽇(⽕)〜 ※プレミア作品 ※リクエスト作品 ※60⽇間配信
ベルリン映画祭で銀熊賞を受賞した『イントロダクション』(20)と、『あなたの顔の前に』(21)の2作同時公開が控える韓国の名匠ホン・サンス監督が、2016年に発表した⽇本未公開作。主演は『⻘燕 -あおつばめ-』(05)、『コンフィデンシャル/共助』(17)、『毒戦 BELIEVER』(18)などで活躍し2017年に惜しくも交通事故で亡くなったキム・ジュヒョクと、『アトリエの春、昼下がりの裸婦』(14)、『背徳の王宮』(15)のイ・ユヨン。サンセバスチャン国際映画祭で監督賞を受賞。⽇本では2016年の東京国際映画祭ワールド・フォーカスで上映された。

光州事件・韓国⺠主化運動特集

『タクシー運転⼿ 約束は海を越えて』(2017年)でも広く知られる、韓国現代史上に残る悲劇“光州事件”。商業作品として初めてこの事件を映画化した『光州5・18』の配信が決定。そして、1980年5⽉に光州の⾄るところで⽬撃されていた謎の⻘年に追ったドキュメンタリー映画『キム君』のプレミア公開も⾏う。韓国⺠主化運動を多⾓的に、より深く考察することのできる2作品で、知られざる歴史の1ページに触れてみては。

『光州5・18』(2007年/韓国)
5⽉18⽇(⽔)〜 ※60⽇間配信
1980年、韓国・光州市。タクシー運転⼿の⻘年・ミヌ(キム・サンギョン)は、両親を早くに亡くし、⾼校⽣の弟・ジヌ(イ・ジュンギ)の親代わりとなって懸命に⾯倒を⾒てきた。そんなミヌは、ジヌと同じ教会に通う看護師のシネ(イ・ヨウォン)に秘かな想いを寄せていた。そしてミヌは、ジ
ヌを交えた3⼈で映画を観に⾏くことに。シネと楽しい時間を過ごしていたミヌたちのいる映画館の外で、学⽣の⺠主化デモ隊と戒厳軍の衝突が勃発…。そして、ミヌたち3⼈もこの悲劇に巻き込まれてしまう――。

『キム君』(2018年/韓国)
5⽉27⽇(⾦)〜 ※プレミア作品 ※60⽇間配信
本作は、2015年軍事評論家のチ・マンウォンによって北朝鮮特殊部隊の軍⼈だと⾔われた市⺠軍の写真1枚が発端となった。本作は“キム君”と呼ばれ、市⺠軍たちの証⾔を通じて光州事件の北朝鮮軍介⼊説に対し、真実が否かを議論する興味深い公開⼿配の追跡ドキュメンタリー。

ロビー・ミューラー特集

ヴィム・ヴェンダース、ラース・フォン・トリアー、ジム・ジャームッシュ…映画界の異端児、個性派と呼ばれ、現在は巨匠として名を馳せる監督たちを⽀えた撮影監督ロビー・ミューラーに迫るドキュメンタリー映画『光に⽣きる ̶ ロビー・ミューラー』のプレミア公開と、ロビー・ミューラーが名匠たちと組み撮影監督を務めた多くの作品群の中から、とりわけ熱狂的なファンを⽣み出した3作品を併せて配信。

『光に⽣きる ̶ ロビー・ミューラー』(2018年/オランダ)
5⽉11⽇(⽔)〜 ※プレミア作品 ※60⽇間配信
ヴィム・ヴェンダースやジム・ジャームッシュ、ラース・フォン・トリアーの撮影監督として知られるオランダ出⾝のロビー・ミューラー。彼が⾒ていた世界、光の扱い⽅、構図は多くの映画監督に影響を与えた。⽣前の本⼈や家族のインタビュー、⻑年家庭⽤ビデオやポラロイドカメラで個⼈的に撮りためたアーカイブ、アニエス・ゴダール(撮影監督)やスティーヴ・マックィーン(映画監督)ら同業者のインタビュー、そしてヴェンダースやジャームッシュ、トリアーら共に映画を作り上げた監督たちのインタビューと映画のシーンから、2018年に⽣涯を閉じるまでのロビー・ミューラーの仕事ぶりと⼈となりを辿る。

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000年/デンマーク)
5⽉15⽇(⽇)〜
2000年カンヌ国際映画祭パルムドール&主演⼥優賞(ビョーク)受賞。奇才ラース・フォン・トリアー監督、世界中が涙した衝撃の感動作。チェコからアメリカにやってきたセルマは⼥⼿ひとつで息⼦を育てながら⼯場で働いている。セルマを⺟のように⾒守る年上の親友キャシー、何かにつけて息⼦の⾯倒を観てくれる隣⼈ビル夫妻、セルマに静かに思いを寄せるジェフ。様々な愛に⽀えられながらもセルマには誰にも⾔えない悲しい秘密があった。病のため視⼒を失いつつあり、⼿術を受けない限り息⼦も同じ運命を辿るのだ。愛する息⼦に⼿術を受けさせたいと懸命に働くセルマ。しかしある⽇、⼤事な⼿術代が盗まれ、運命は思いもかけないフィナーレへ彼⼥を導いていく…。

『都会のアリス』(1973年/アメリカ)
5⽉22⽇(⽇)〜
アメリカをさすらっていたドイツ⼈⻘年フィリップは、仕事を諦め帰国することを決意。そして彼は空港で、同じくドイツに帰ろうとしている少⼥アリスと⺟親リザと出会う。リザからひと⾜先にアリスを連れて戻ってほしいと頼まれた彼は、やむなく受け⼊れるが、現地で待てども⼀向にリザは現れない。フィリップはアリスとともに、彼⼥の祖⺟を訪ねる…。

『アメリカの友⼈』(1977年/⻄ドイツ、フランス)
5⽉29⽇(⽇)〜
ヨーロッパで贋作を売るトムはミノという裏社会の男から殺し屋の紹介を頼まれる。ハンブルグの額縁職⼈ヨナタンを紹介し、家族の将来に不安を抱いていたヨナタンも報酬⽬当てにその危険な仕事を請け負ってしまう。やがてヨナタンは必死の思いで仕事を遂⾏するが、容赦なく第⼆の殺⼈を求められる。それを知ったトムは、ヨナタンを助けるため列⾞に乗り込んだ。

5/1(⽇)〜5/31(⽕)の配信作品⼀覧

開始日    終了日   

2022/5/1(⽇)ー 2022/5/30(⽉) チェイシング・エイミー
2022/5/2(⽉) ー2022/5/31(⽕) ⾬のニューオリンズ
2022/5/3(⽕) ー2022/7/1(⾦) ムンナー兄貴、医者になる ※プレミア作品 ※リクエスト作品 ※60⽇間配信
2022/5/4(⽔) ー2022/6/2(⽊) シェルブールの⾬傘
2022/5/5(⽊) ー2022/6/3(⾦) オープニング・ナイト
2022/5/6(⾦) ー2022/7/4(⽉) スラック・ベイ ※プレミア作品 ※60⽇間配信
2022/5/7(⼟) ー2022/7/5(⽕) プティ・カンカン ※リクエスト作品 ※60⽇間配信
2022/5/8(⽇) ー2022/6/6(⽉) 82年⽣まれ、キム・ジヨン
2022/5/9(⽉) ー2022/7/7(⽊) BEGINNING/ビギニング ※プレミア作品 ※リクエスト作品 ※60⽇間配信
2022/5/10(⽕) ー2022/6/8(⽔) 晩春 デジタル修復版
2022/5/11(⽔) ー2022/7/9(⼟) 光に⽣きる ― ロビー・ミューラー ※プレミア作品 ※60⽇間配信
2022/5/12(⽊) ー2022/6/10(⾦) チャイニーズ・ブッキーを殺した男
2022/5/13(⾦) ー2022/6/11(⼟) ブルーに⽣まれついて
2022/5/14(⼟) ー2022/6/12(⽇) ロシュフォールの恋⼈たち
2022/5/15(⽇) ー2022/6/13(⽉) ダンサー・イン・ザ・ダーク
2022/5/16(⽉) ー2022/6/14(⽕) スタートアップ︕
2022/5/17(⽕) ー2022/6/15(⽔) マタドール
2022/5/18(⽔) ー2022/7/16(⼟) 光州5・18 ※60⽇間配信
2022/5/19(⽊) ー2022/6/17(⾦) こわれゆく⼥
2022/5/20(⾦) ー2022/7/18(⽉) ⽩いリボン ※60⽇間配信
2022/5/21(⼟) ー2022/6/19(⽇) ラ・ラ・ランド
2022/5/22(⽇) ー2022/6/20(⽉) 都会のアリス
2022/5/23(⽉) ー2022/6/21(⽕) ⾏き⽌まりの世界に⽣まれて
2022/5/24(⽕) ー2022/6/22(⽔) 切腹
2022/5/25(⽔) ー2022/6/23(⽊) mid90s ミッドナインティーズ
2022/5/26(⽊) ー2022/6/24(⾦) フェイシズ
2022/5/27(⾦) ー2022/7/25(⽉) キム君 ※プレミア作品 ※60⽇間配信
2022/5/28(⼟) ー2022/6/26(⽇) メイド・イン・ホンコン/⾹港製造 4Kレストア・デジタルリマスター版
2022/5/29(⽇) ー2022/6/27(⽉) アメリカの友⼈
2022/5/30(⽉) ー2022/7/28(⽊) ピンク ※60⽇間配信
2022/5/31(⽕) ー2022/7/29(⾦) あなた⾃⾝とあなたのこと ※プレミア作品 ※リクエスト作品 ※60⽇間配信
2022/5/1(⽇) 常時配信 ストーリー・オブ・フィルム エピソード4. ⾳の出現

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事