ミッキー・ロークが主演を務める戦慄のアクション・ホラー『ウォーハント 魔界戦線』(5月27日公開)のメイキング画像が解禁となった。新型コロナウイルスが猛威を振るう中で行われた撮影の舞台裏とは?

ロバート・ネッパー「みんなを守りたいという気持ちが本作の自分の役づくりの始まり」

本作は戦争アクションのスリルとオカルト・ホラーの恐怖が合体した、注目のエンタテインメント作品。第2次大戦末期、ドイツの森に踏み込んだ米兵たちが遭遇した、血も凍る恐怖を描く。出演は『ナインハーフ』『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』でスターとなり、『レスラー』『アイアンマン2』等、長年にわたり活躍を続けているミッキー・ローク。大ヒット・ドラマ「プリズン・ブレイク」シリーズの“ティーバッグ”役が印象に残るロバート・ネッパー。『トワイライト』サーガのジャクソン・ラスボーン。監督はアクション演出に定評のある、『ウェズリー・スナイプス/コンタクト』のマウロ・ボレッリ。

このたび解禁された画像では、新型コロナウイルスが拡大をし始めた2020年4月に撮影された本作のメイキング風景が切り取られている。ラトビアの首都リガで撮影された本作は、政府のガイドラインに従い、感染拡大防止対策を徹底することで撮影を許可された。

主演のミッキー・ロークは「新型コロナウイルスは手に負えない状況だったけど、みんなが素晴らしく行動したよ」と語り、ブリューワー軍曹役のロバート・ネッパーは、コロナ禍で世界中がロックダウン状態にある中での撮影について 「俳優というのは、常にそのときどきの自分を活かす。だから特に今(コロナ禍)は、世界中で起こっていることを考えると、映画の撮影にとって非常に興味深い時なんだ。自分を守らなければいけないと慎重になっている。そして、人のことをとても気にかけている。僕は、若い俳優たちや、スタッフや監督を守りたいと思ったんだ。守りたいという気持ちが本作の自分の役づくりの始まりだったんだ」と語る。

“見えない敵”との闘いを描いた『ウォーハント 魔界戦線』は5月27日(金)より全国公開。

作品情報

ウォーハント 魔界戦線
2022年5月27日(金)より、グランドシネマサンシャイン 池袋ほか全国ロードショー

STORY
1945年。連合軍の輸送機が森林地帯に墜落。捜索に向かった米軍のブリューワー軍曹、特務兵のウォルシュたちは、森の奥で墜落機の残骸を発見。そして、奇怪な事態が起き始める。兵士たちは幻覚を見るようになり、美しい女の呪霊に誘惑され、狂気に囚われてゆく。殺し合いがはじまり、次々と命を落としてゆく兵士たち。果たして、その森には“何が”いるのか?

出演:ミッキー・ローク「レスラー」「ナインハーフ」/ロバート・ネッパー「プリズン・ブレイク」/ジャクソン・ラスボーン「トワイライト」シリーズ/アグラヤ・タラーソヴァ「T-34/ナチスが恐れた最強戦車」/アンナ・パリガ/ロー・スタッセン/ポリーナ・プシュカレヴァ・ニオリー

監督・製作・脚本:マウロ・ボレッリ「ウェズリー・スナイプス/コンタクト」/製作:マックス・パブロフ、ユリア・ザイツェワ、ユー・ファイ・スエン、イゴール・プロニン、スヴェトラーナ・パンテ、アデル・ナー/脚本:レジー・ケヨハラⅢ、スコット・スバトス/撮影:グスタヴォ・ピーターセン「ゾンビ津波」/音楽:タオ・リュー/VFX:サイモン・カニア「ランボー/ラスト・ブラッド」、ヤヌシュ・ムラフスキ「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」

2022年/アメリカ/英語/93分/シネマスコープ/原題:WARHUNT 提供:ニューセレクト

配給:アルバトロス・フィルム

© 2021 OU WARHUNT FILMS. ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト http://war-hunt.com/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事