2022年に出版から75周年を迎えた、不朽の名作「アンネの日記」に基づく新たな物語で、文部科学省「特別選定」作品の『アンネ・フランクと旅する日記』DVDが2022年9月2日(金)に発売決定。レンタルも同日リリースされる。

アンネが願い続けた「すべての人が尊重されること」

2022年で出版75周年を迎えた、不朽の名作「アンネの日記」。ユネスコの「世界で最も読まれた10冊」のうちの1冊に挙げられ、2009年には世界記憶遺産にも登録されたノンフィクションの傑作。これまで世界各国で幾度となく映像、舞台化されてきたが、本作ではこれまでにない斬新なアプローチで、アンネ・フランクの生涯を立体的に浮かび上がらせた。

本作の現代パートの主人公は、アンネが生み出した“空想の友達”<キティー>。「アンネの日記」が、ほぼ毎回、「Dear Kitty(親愛なるキティー)」へ宛てられたことからも、ファンにはおなじみの存在。そんなキティーが時を翔け、街を駆け抜ける、青春映画とファンタジーが融合した躍動感が全編にあふれている。

現代のオランダ・アムステルダム。激しい嵐の夜、博物館に保管されているオリジナル版「アンネの日記」に異変が起きた。突然、文字がクルクルと動き始めて、キティーが姿を現したのだ! 時空を飛び越えたことに気づかないキティーだったが、日記を開くと過去へさかのぼってアンネと再会を果たし、日記から手を離すとそこには現代の風景が広がっていた。目の前から消えてしまったアンネを探して、キティーは街を疾走する……。

監督は、アニメーション映画として初めてアカデミー賞®外国語映画賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞に輝いた『戦場でワルツを』のアリ・フォルマン。「アンネの日記」をもとにイマジネーションと遊び心に満ちた現代のパートを新たに創出した。

アンネが願い続けた「すべての人が尊重されること」。この祈りにも似た物語は、未来を信じたアンネから、現代によみがえったキティーを経て、観るものすべてに手渡される希望のバトンになることだろう。

作品情報

アンネ・フランクと旅する日記

【発売日】2022年9月2日(金)
【価格】DVD:4,290円(税込)

※商品の仕様は変更となる可能性がございます。
※レンタルDVD同日リリース

【キャスト】
ルビー・ストークス(キティー役)『ウーナ 13歳の鼓動』『Rocks/ロックス』
エミリー・キャリー(アンネ・フランク役)『アナスタシア・イン・アメリカ』『トゥームレイダー ファースト・ミッション』
【スタッフ】
監督・脚本:アリ・フォルマン『戦場でワルツを』『コングレス未来学会議』
アニメーション監督:ヨニ・グッドマン『戦場でワルツを』『コングレス未来学会議』
アートディレクター:レナ・グバーマン『コングレス未来学会議』
オリジナルスコア:カレンO『かいじゅうたちのいるところ 』/ベン・ゴールドワッサー

発売元:株式会社ハピネットファントム・スタジオ
販売元:株式会社ハピネット・メディアマーケティング
© ANNE FRANK FONDS BASEL, SWITZERLAND

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事