THE BATMAN-ザ・バットマン-』の日本での興行収入が10億円突破。この快挙を記念して、現在モーニングで連載中の『BATMAN JUSTICE BUSTER』作者、清水栄一と下口智裕によるコラボイラストが解禁された。

全世界興収は驚異の830億円突破

ヒーロー映画の枠を越えたエモーショナルなストーリー、『ジョーカー』を彷彿とさせる復讐に囚われた主人公の孤独と葛藤が多くの観客の共感を呼ぶ本作は、2度3度と映画館に足を運ぶ人も続出し、3月29日(火)、遂に日本での興行収入が累計10億円を突破した。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』の勢いはこれだけには止まらない。公開から3週もの間、北米他、主要各国で圧倒的な強さで他作品を大きく引き離し興行収入ランキング首位をキープ。またビッグマーケット中国でも公開を迎え、全世界興行収入は、830億円突破を記録。全世界でバットマン旋風が巻き起こっている。

このたび現在講談社のモーニング誌にて好評連載中の『BATMAN JUSTICE BUSTER』を手がける作家・清水栄一と下口智裕による『THE BATMAN』コラボイラストが完成した。

『BATMAN JUSTICE BUSTER』は、DCコミックと講談社との共同プロジェクトとして誕生した日本発の完全オリジナルストーリー。『ULTRAMAN』の清水・下口コンビが描くバットマンの活躍は、連載開始以来幅広い読者層から厚い支持を受けている。

イラストは、最狂知能犯リドラーが引き起こす最初の殺害事件現場での一場面。次の市長選を控えたドン・ミッチェル市長が殺害され、バットマンはゴードン警部補とともに殺害現場へ。遺体の先には、“嘘はうんざり”という血で書かれたメッセージ、バットマン宛てのなぞなぞが書かれたメッセージカードが残されていた。リドラーが指し示す嘘とは、残された謎には何が隠されているのか。ヒーロー映画史上最もスキャンダラスな展開が待ち受ける!

本作の撮影を手掛けたのは、『DUNE/デューン 砂の惑星』で2022年・第94回アカデミー賞にて撮影賞に輝いたグレイグ・フレイザー。リーヴス監督の「ゴッサム・シティ、という街自体が物語るようなリアリティを求めること。これまでに見たことのなかった世界を作りたい」という思いに応えている。

大規模なセットに自然光のような照明を取り入れる視覚効果、未熟な青年・壊れかけたブルースが抱える″闇”を表すかのように暗闇から現れるバットマンの立ち姿ひとつをとってもこだわり抜かれた照明が設計されており、綿密に作り込まれた舞台装置、ストーリー、キャラクターを見せるため一歩引いたカメラワークなど様々なシーンが目を引く。「最高にキマッた映像」「映像に飲み込まれるような迫力と没入感」などその圧倒的な映像美にも賞賛が集まっている。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は大ヒット上映中。

清水栄一(しみず・えいいち)
下口智裕(しもぐち・ともひろ)

2004年より「チャンピオンRED」(秋田書店)にて『鉄のラインバレル』 を連載(現在完結)。2011年より「HERO's!!」(ヒーローズ)にて連載中の『ULTRAMAN』 はNetflixオリジナルアニメとして全世界配信中。清水栄一(1978年2月7日大阪生まれ)が、原作脚本、メカデザイン(たまにキャラデザ)、メカ作画を主に担当。下口智裕(1978年4月27日石川生まれ)が、キャラデザイン、メイン作画を主に担当。

作品情報

THE BATMAN-ザ・バットマン-
2022年3月11日(金)全国公開

STORY
優しくもミステリアスな青年ブルースは、両親殺害された社会への復讐を誓い、夜は黒いマスクで素顔を隠し犯罪者を見つけては力でねじ伏せ、悪と敵対する存在の“バットマン”になろうとしている。ある日、権力者が標的になった連続殺人事件が発生。その犯人を名乗るのは、史上最狂の知能犯リドラー。彼は犯行の際、必ず“なぞなぞ”を残し、警察や世界一優秀な探偵のブルースを挑発する。いったい何のために犯行を繰り返すのか? そして暴かれる、政府の陰謀とブルースにまつわる過去の悪事や父親の罪…。追い詰められたその時、彼の心の中で、何かが音を立てて壊れ始めた―。あなたは世界の嘘を暴き、人間の本性を見抜けるか――。

監督:マット・リーヴス 脚本:マット・リーヴス マットソン・トムリン
キャスト:ロバート・パティンソンコリン・ファレルポール・ダノゾーイ・クラヴィッツ、ジョン・タトゥーロ、アンディ・サーキス、ジェフリー・ライトほか
原題:The Batman

© 2022 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

公式サイト:https://wwws.warnerbros.co.jp/thebatman-movie/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事