ホロコーストを生きたボクサーの知られざる半生を描く衝撃作『アウシュヴィッツのチャンピオン』(7月22日公開)の予告編が完成した。

「いつかすべてが終わったら、君はどうやって生きる?」

2020年、ポーランドで最も権威のあるグディニャ映画祭で金獅子賞(最優秀作品賞)受賞、さらに2022年同国のアカデミー賞とされるイーグル賞で4部門(撮影賞、美術賞、メイクアップ賞、主演男優賞)を受賞し話題を呼んだ本作は、第2次世界大戦最中の1940年、ナチス最大のアウシュヴィッツ強制収容所を舞台に描く、一人のボクサーの実話を基にしたヒューマンドラマ。

戦前のワルシャワで“テディ”の愛称で親しまれたボクシングチャンピオン、タデウシュ・ピエトシコフスキは囚人として「77番」という“名”が与えられ、左腕には囚人番号の入れ墨が刻まれた。十分な寝床や食事を与えられることなく過酷な労働に従事させられていたある日、司令官たちの娯楽としてリングに立たされることに―。

このたび公開された予告編は、アウシュヴィッツ強制収容所に移送される最初の囚人として、主人公のテディが連行される場面からスタートする。次々にガス室に送られる人々や射殺される人々、厳しい監視下で非道な扱いを受ける囚人らの様子が切り取られ、そこで起きていた悲劇が明らかになる。

テディは、一人のカポ(囚人の中の統率者)にボクシングチャンピオンであった才能に気付かれると、看守らの娯楽としてリングに立たされることになる。次々に勝利を収めていくテディの表情からは、勝ち残ったことへの喜びではなく、誇りを持っていたボクシングが生き延びるための手段となってしまった事実に葛藤する様子が伝わってくる。それでも、親しくなった少年ヤネックや囚人仲間たちのために闘いを続け、戦利品として手に入れた食料や薬を惜しげもなく分け与えるシーンには胸が締め付けられる。

主演を務めたポーランドの実力派俳優ピョートル・グウォヴァツキがクランクイン数か月前からトレーニングを重ね、スタントマンなしで撮影に挑んだという鬼気迫るボクシングシーンは、本作の魅力の一つだ。

テディは次第に、ナチスは無敵ではないのだという希望の象徴となり、囚人たちの士気を高めていくが…。予告編の最後に、「いつかすべてが終わったら、君はどうやって生きる?」という司令官の言葉とともに映し出されるテディの表情が印象的だ。死の淵に立ちながらも何度も立ち上がるテディの姿に、本編への期待が高まる予告編になっている。

大戦の記憶が薄れゆく中で、戦争がどれほど悲惨で人を狂わせるのかを改めて見せつけられた今年。“絶滅の地”で彼は何を思い、闘い続けたのか―。

『アウシュヴィッツのチャンピオン』は7月22日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開。

作品情報

アウシュヴィッツのチャンピオン
2022年7月22日(金)より新宿武蔵野館、HTC渋谷ほか全国順次公開

2020年/ポーランド/英題:The Champion of Auschwitz/91分/カラー/5.1ch
監督・脚本:マチェイ・バルチェフスキ 撮影:ヴィトルド・プウォチェンニク 音楽:バルトシュ・ハイデツキ
出演:ピョートル・グウォヴァツキ、グジェゴシュ・マウェツキ、マルチン・ボサック、ピョートル・ヴィトコフスキ、ヤン・シドウォフスキ

日本語字幕:渡邉一治 配給・宣伝:アンプラグド

© Iron Films sp. z o.o,TVP S.A,Cavatina GW sp.z o.o, Hardkop sp.z o.o,Moovi sp.z o.o

公式サイト unpfilm.com/COA

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事