大島渚監督の最大のヒット作『戦場のメリークリスマス』(83)をデジタル素材に修復した『戦場のメリークリスマス 4K修復版』が2023年1月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて最終上映。このたび、公式グッズの発売と公開記念タイアップが決定した。

2023年版公式グッズが新たに完成

昨年4月16日から、新宿武蔵野館ほか全国9館でスタートし最終的に約100館で上映した『戦場のメリークリスマス 4K修復版』。緊急事態宣言発令による一部劇場での上映中止などに見舞われた本作が、最終上映期限が2023年3月末に迫ったこのタイミングで最終リベンジ上映が決定。後世に多大な影響を残し、鮮烈な印象を多くに人に与えた日本が誇る鬼才、大島渚作品が鮮明になってスクリーンで観られる貴重な機会となる。

パンフレット

本作公開を記念し、2023年版公式グッズが新たに完成。2023年版として改めて編成された全28ページのパンフレット、黒を基調とした 2023 年版ポスター、繊細な雰囲気の A と有名なキスシーンを切り取った B のアートポスター2 種。そしてグレーとブラックの 2 色展開でそれぞれヨノイ大尉とセリアズの名場面を収めたTシャツに加え、イエローのタイトルロゴが映えるストーンブルーのトートバッグが初登場。

トートバッグ

さらに、本作とのタイアップも多数決定した。「TASTE MUSIC TASTY BURGER」をコンセプトに、デヴィッド・ボウイら、星屑のように煌めく作品を残してきたミュージシャンやスターたちにインスパイアされたオリジナルハンバーガーを、こだわりの音楽と共に楽しめるグルメバーガー店「STARDUST」からは、戦メリコラボバーガーが登場。さらに店内では、厳選した名場面を集
めた戦メリ特別パネル展を実施する。ここでしか楽しめない特別な味と空間を堪能できる。

そして大のYMOファンでありデヴィッド・ボウイファンのマスターが営む横浜市の喫茶店「珈琲山」とのコラボも決定。今回の再上映を記念し、常連客から「ぜひメニューに追加を!」との声が相次ぐ裏メニューと戦メリがコラボした戦メリコラボアイスコーヒーが期間限定で提供される。壁一面の YMO やデヴィッド・ボウイのポスターだけでなく、2021 年版と 2023 年版の戦メリポスターも飾られた珈琲山だけの特別な店内で、どっぷり戦メリに浸ることができる。

そして前回の好評に応え、アート・音楽・映像・ファッションなどクリエイティブな刺激から生まれたオリジナルメニューが楽しめる隠れ家空間「CAFE:MONOCHROME」との再コラボや、作中デヴィッド・ボウイが花を食べるシーンに因み、視覚と味覚で花を堪能できるダイニングバー「HANABAR」との再コラボも決定。

さらに上記のタイアップ店舗にてコラボメニューを注文された方には、先着で公開記念ポストカード(2 種のうちランダム 1 枚)がプレゼントされる。

『戦場のメリークリスマス 4K修復版』は2023年1月13日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次“最終”公開。

公式グッズ

『戦場のメリークリスマス 4K 修復版』公式グッズ
1/13(金)~新宿武蔵野館ほか一部上映劇場にて発売

◆B5 パンフレット(28P)¥700(税込)
◆B2 ポスター 各¥1,000 円(税込)
①2023 年版ポスター
②アートポスターA
③アートポスターB
◆T シャツ(S・M・L・XL)
①グレー ¥3,500(税込)
②ブラック ¥4,000 円(税込)
◆トートバッグ ¥3,500(税込)
◆缶バッジ 2 個セット¥400(税込)

作品情報

戦場のメリークリスマス 4K修復版
2023年1月13日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次“最終”公開

出演:デヴィッド・ボウイ、トム・コンティ、坂本龍一、ビートたけし、ジャック・トンプソン、ジョニー大倉、内田裕也
監督・脚本:大島渚  脚本:ポール・マイヤーズバーグ 原作:サー・ローレンス・ヴァン・デル・ポスト「影の獄にて」 製作:ジェレミー・トーマス
撮影:成島東一郎 音楽:坂本龍一 美術:戸田重昌
1983年/日本=イギリス=ニュージーランド/英語・日本語/123分/ビスタサイズ/ステレオ
協力:大島渚プロダクション 配給・宣伝:アンプラグド

©大島渚プロダクション

公式サイト oshima2021.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事