17世紀の劇作家モリエール生誕400年を記念した特別上映「モリエール生誕 400 年記念 スクリーンで見るコメディ・フランセーズ」が渋谷・Bunkamura ル・シネマにて10月21日(金)、22日(土)、23日(日)、24日(月)に4日間限定で上映されることが決定した。

主演の俳優たちの熱演もさることながら、登場する役者全員の演技の巧みさに心を動かされる

フランス古典喜劇を完成させ、劇作家・俳優として知られるモリエール(1622 年-1673 年)。ピエール・コルネイユ、ジャン・ラシーヌとともに古典主義の 3 大作家の 1 人として、フランス本国はもちろん海外でも広く知られている。

生誕 400 年を迎える今年、別名「モリエールの家」と呼ばれるコメディ・フランセーズを中心に多くのモリエール作品が演じられ話題を呼んでいるが、今回の特集では、日本初上映の『病は気から』と昨年春にアンスティチュ・フランセ東京にて4回上映されたのみの『スカパンの悪だくみ』を上映する。

『病は気から』の主役アルガンを演じるのは俳優・演出家・映画監督のギヨーム・ガリエンヌ。日本では、『イヴ・サンローラン』(14)、『セザンヌと過ごした時間』(16)などで映画ファンにもその存在を知られているが、なんといっても特筆すべきは、2013 年に自身の戯曲を自ら監督・脚本・主演を担当した『不機嫌なママにメルシィ!』。本作では第 39 回セザール賞の 10 部門にノミネートされ、作品賞、脚色賞、男優賞など 5 部門で受賞となる快挙を成し遂げ、自身も俳優・劇作家であったモリエールを彷彿とさせる才能を見せつけた。

『病は気から』

モリエールの遺作である『病は気から』は、公私にわたる失意の中、主人公アルガンを自ら演じた初演からほどなくして亡くなるなど「自らの不幸の中で、我々を笑わせることを選んだ」モリエールの芸術の神髄の詰まった作品。

『スカパンの悪だくみ』の主役スカパンを演じるのは、今後のコメディ・フランセーズをしょって立つ若手俳優のひとり、バンジャマン・ラヴェルネ(『デリシュ!』(20)『セラヴィ!』(17))。近年のフランス映画ではその顔を見ない作品がないほどの活躍を見せている。本作の演出は、名脇役としてフランス映画ファンにはお馴染みのドゥニ・ポダリデス。『病は気から』にも俳優として参加しており、その確かな才能で舞台を盛り立てている。

『スカパンの悪だくみ』

タイトルを聞いたことはあっても、フランス演劇の本場コメディ・フランセーズで『病は気から』や『スカパンの悪だくみ』に触れたことのある方は少ないのではないだろうか。主演の俳優たちの熱演もさることながら、登場する役者全員の演技の巧みさには心を動かされるはず。今なお世界中で愛される不朽の名作を、この機会にル・シネマのスクリーンで味わってみては?

上映情報

モリエール生誕 400 年記念 スクリーンで見るコメディ・フランセーズ

上映期間:2022 年 10 月 21 日(金)~24 日(月)特別上映
※10/21(金),10/23(日)…『病は気から』 10/22(土),10/24(月)…『スカパンの悪だくみ』
※上映時間は決定次第発表される。

会場:Bunkamura ル・シネマ
(東京都渋谷区道玄坂 2-24-1 Bunkamura 6F) http://www.bunkamura.co.jp/cinema/

料金:一律 ¥2,500(税込)※特別興行のため、その他各種割引は適用外

『病は気から』
全 3 幕・喜劇 作:モリエール 演出:クロード・ストラーツ 美術・衣装:エツィオ・トフォルッティ 撮影:ドミニク・ティエル
出演:アラン・ラングレ(ベラルド)、コラリー・ザホネロ(ベリーヌ)、ドゥニ・ポダリデス(ディアフォアリュス/ピュルゴン)、ギヨーム・ガリエンヌ(アルガン)、ジュリー・シカール(トワネット)、クレール・ドゥ・ラ・リュ・デュ・カン(アンジェリック)、ヨアン・ガジオロフスキ(クレアント)、クレモン・ブレッソン(トマ・ディアフォアリュス/ボンヌフォワ/フルーラン)、マリー・ドゥ・チューロワ(ルイゾン)
上映時間:2時間 20 分(休憩なし)上演日:2020 年 11 月 5 日 言語:フランス語・日本語字幕付 字幕翻訳:手束紀子

『スカパンの悪だくみ』
全 3 幕・喜劇 作:モリエール 演出:ドゥニ・ポダリデス 美術:エリック・リュフ 衣装:クリスチャン・ラクロワ 撮影:ドミニク・ティエル
出演:バカリ・サンガレ(シルヴェストル)、ジル・ダヴィッド(アルガント)、アデリーヌ・デルミー(ゼルビネット)、バンジャマン・ラヴェルネ(スカパン)、ディディエ・サンドル(ジェロント)、ポーリーヌ・クレモン(イアサント)、ジュリアン・フリソン(オクターヴ)、ガエル・カミランディ(レアンドル)
上映時間:2 時間 10 分(休憩なし)上演日:2017 年 10 月 26 日 言語:フランス語・日本語字幕付 字幕翻訳:手束紀子

製作:コメディ・フランセーズ 主催:アンスティチュ・フランセ日本 共催:Bunkamura

© Christophe Raynaud de Lage 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事