EXOのチャンヨルが映画初主演の『ぼくの歌が聴こえたら』がいよいよ今週末6⽉10⽇(⾦)より、シネマート新宿、ヒューマントラスト有楽町ほか全国公開。このたび、チャンヨルが撮影中に思わず爆笑する様子を収めたメイキング映像が解禁された。

リラックスした様⼦で演技をしているチャンヨルの姿はファン必⾒

⽇本でも大⼈気のダンスボーカルグループ、EXOのメンバーであるチャンヨルが映画初主演を果たした本作は、2021年3⽉29⽇の兵役直前に韓国で公開され、初登場1位を獲得したミュージックロードムービー。共演に『ワンステップ 君と僕のメロディ』(17)やNetflixで話題のゾンビアクションスリラードラマ『今、私たちの学校は…』(22)などで活躍するチョ・ダルファン。監督は、2018年の平昌オリンピックの開幕式の演出を担当し、本作で映画初挑戦となるヤン・ジョンウン。

このたび解禁されたのは、トロット歌謡祭の打ち上げで訪れたチキン屋でのシーンのメイキング映像。

本編でチャンヨルがノリノリで歌い上げた映画のオリジナル曲「オジョチゴ」は「オヌル チョニョク チキン ゴー」の頭⽂字を取った新略語で、「⼣⽅にチキンを⾷べようよ」と提案する際にSNSなどで使われる⾔葉。そんな意味が込められた曲を披露した後のシーンであるため、チャンヨルたちも楽しそうに演技する様⼦が伺える。

「空腹だから美味しそうに⾷べて」と演出の指⽰があったこともあり、チキンにがぶりつく3⼈だったが、中々カットがかからない様⼦に笑い始め、出演者たちの仲の良さが伝わる映像となっている。リラックスした様⼦で演技をしているチャンヨルの姿はファン必⾒だ。

『ぼくの歌が聴こえたら』は6⽉10⽇(⾦) シネマート新宿、ヒューマントラスト有楽町ほか全国公開。

作品情報

ぼくの歌が聴こえたら
2022年6⽉10⽇(⾦) シネマート新宿、ヒューマントラスト有楽町ほか全国公開

STORY
新⼈発掘の才能がありながら運に⾒放され、今では借⾦まみれとなってしまった⾳楽プロデューサーのミンスは、ある⽇駐⾞場の受付でギター⽚⼿に歌っていたチフン(チャンヨル)と出会う。その歌声に感動し、バックバンドを従えて堂々と歌う将来までも頭に浮かんだミンスは、躊躇するチフンを半ば強引にスカウトして10回のライブを契約させてしまう。天才的な才能がありながら少年時代のトラウマで⼈前では歌えないというチフンにミンスは冷蔵庫⽤の⼤きな段ボールを⽤意。勝ち気なミンスと内気なチフン、全く性格の違う2⼈の共通点は「⾳楽」だけ。果たしてライブツアーを成功させることができるのか?

出演︓チャンヨル(EXO、『チャンス商会 初恋を探して』(15)) 、チョ・ダルファン(『ワンステップ 君と僕のメロディ』(17))
監督・脚本︓ヤン・ジョンウン
2021年/韓国/韓国語/93分/シネスコ/5.1ch/原題︓더 박스/英題︓THE BOX
⽇本語字幕︓江波 智⼦/提供︓ニューセレクト/配給︓アルバトロス・フィルム

© 2021 STUDIO TAKE ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト bokuno-uta.com

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事