EXOのチャンヨルが映画初主演を務める『ぼくの歌が聴こえたら』(6⽉10⽇公開)に、各界の著名⼈総勢17名からの絶賛コメントが到着した。あわせて、チャンヨルが韓国で⼈気のトロットを歌う本編映像も解禁された。

オカモトコウキ「有名カバーを⾒事に⾃分のものにするチャンヨルの歌声にも要注⽬」

⽇本でも大⼈気のダンスボーカルグループ、EXOのメンバーであるチャンヨルが映画初主演を果たした本作は、2021年3⽉29⽇の兵役直前に韓国で公開され、初登場1位を獲得したミュージックロードムービー。デビュー前にバンド活動、EXOではラッパー兼サブボーカルを担当しているチャンヨルが、世界的ヒットソングの数々を⾃慢の低⾳ボイスで華麗に歌いあげる。

そんな映画初主演のチャンヨルを⽀えるのは、『ワンステップ 君と僕のメロディ』(17)やNetflixで話題のゾンビアクションスリラードラマ『今、私たちの学校は…』(22)などで活躍するチョ・ダルファン。監督は、2018年の平昌オリンピックの開幕式の演出を担当し、本作で映画初挑戦となるヤン・ジョンウン。

このたび本作をいち早く鑑賞した各界の著名⼈からコメントが到着。「有名カバーを⾒事に⾃分のものにするチャンヨルの歌声にも要注⽬」というオカモトコウキ(OKAMOTOʼS)をはじめ、⼩堺⼀機、JOY、はるな愛、宇垣美⾥、武⽥梨奈、虻川美穂⼦、なだぎ武など(※敬称略・順不同)、バラエティに富んだ総勢17名が絶賛のコメントを寄せている。コメント全文・一覧は以下にて。

さらに、チフン(チャンヨル)がトロット歌謡祭に出場する場⾯が収められた本編映像も解禁。チフンは道中たまたま⽬にした横断幕で「トロット歌謡祭」の存在を知り、賞⾦⽬当てで⾶び⼊り参加をする。韓国版演歌として若者の間で⼤流⾏している「トロット」、そして今回の本編映像でチフンが熱唱するのは、本作のオリジナル曲「オジョチゴ」!

会場は⼤いに盛り上がりを⾒せると同時に“箱の中”では堂々とした様⼦で歌うチフンの姿が…。また、チフンの歌に合わせてダンスを披露するミンス(チョ・ダルファン)の友⼈にも注⽬だ。このステージをきっかけにチフンは“箱の外”へ踏み出すことが出来るのか…その後の展開も気になる映像となっている。

『ぼくの歌が聴こえたら』は6⽉10⽇(⾦) シネマート新宿、ヒューマントラスト有楽町ほか全国公開。

著名⼈推薦コメント ※敬称略・ 50⾳順

男2⼈旅×⾳楽×友情×出会い×グルメのエンタメ⼭盛りムービーが⽇本上陸!幸せな気持ちで満たされまくり!
夢と⻘春が韓国全⼟を駆け抜ける爽快感をぜひ劇場で!
⾚ペン瀧川・映画プレゼンター

⾃分も箱の中で⽣活している事に気付いてしまった、、、。でも⼤丈夫!
2⼈の旅の先々での⼈との出会い、美しい景⾊、美味しそうな⾷べ物。
そして歌!!がどんどんどんどん進んでいくのが⼼地良い。
歌のシーンはミュージックビデオのようなワクワク感。
どの歌も素敵だけど、個⼈的には最後の歌のシーンがどっちなんだろう?と遊び⼼も含めて楽しみました。
しかし改めてチャンヨルは美しい。
虻川美穂⼦・タレント

箱の中でしか歌えない男を演じたチャンヨルの多彩な⾳楽の才能は、全然箱に収まりきれてなかったよ!!
⾊んな⼈や美味しいご飯、綺麗な⾵景に出会う2⼈の旅。
箱の中の様に暗く動けない今を抜け出したい⼈は、劇場で2⼈のツアーに同⾏してみて!
あんこ・お笑い芸⼈/映画YouTuber

箱の中は窮屈だけど安全で 外は⾃由だから怖くて
でも正反対の君となら 前に進める気がした
魅⼒的な韓国各地の美しい⾵景や⾵⼟料理と優しい低⾳で歌われるヒットソングの数々に癒された
宇垣美⾥・フリーアナウンサー

⾳楽で彩られた素敵な旅。
⼈との繋がりを通して徐々に⼼を開いていくチャンヨルの演技に⾒⼊りました。
劇中の節々で挿⼊されている有名カバーを、⾒事に⾃分のものにする彼の歌声にも要注⽬。
オカモトコウキ・OKAMOTOʼS/ミュージシャン

⼈と出会って、笑って泣いて、美味しいものをモリモリ⾷べる。
こんな時代だからこそ、⼼に染み渡る今を⽣きる"⾳"。
EXOチャニョルの眼差しはどこまでも真っ直ぐで揺らぎない。
加藤るみ・タレント/映画コメンテーター

ジャンルを超えた素晴らしい選曲!
チャンヨルの魅⼒たっぷりの⾳楽と映像!
韓国からまた新しい⾒たことない映画がやって来た、「箱⼊」で!
⼩堺⼀機

箱の中でないと歌えない⻘年。
彼は特殊な⼈間じゃない。
実は誰しもが何かしらの箱に閉じこもっているから。
その箱を壊すには想像⼒と親友。そして、美味しいご飯が必要だ!
ジャガモンド⻫藤・映画⼤好き芸⼈

オープニングシーンを観て秒速でこの映画の魅⼒に引き込まれた!
ストーリー&最⾼の歌唱⼒、スクリーンで堪能してほしい!
JOY・タレント

たった⼀⼈の“誰か”に出会えたとき、眠れる才能は覚醒する。
過去の呪縛と恐怖に塗り潰された、真っ暗な箱を⾶び出して。
不寛容の時代にもう⼀度、他者を信じる勇気の⽕種をくれた。
SYO・物書き

⾃分の殻を破ることは、なかなかに難しいことです。
チョンヨルさん演じるチフンの場合、きっかけこそ偶然の出会いでしたが、
全ては彼の⾳楽への愛が引き寄せたことだったんだなと思える、素敵な時間でした!
スクールゾーン 俵⼭峻・芸⼈

僕がチャニョルを知ったのはEXO-KのHistoryのMVを⾒て「好きな顔だな」とそこから興味を持ち、彼が今までたくさんの努⼒を積み重ねてきた事がこの初主演映画に繋がったのかなと思います。
過去制作に彼のダンスを映すなと⾔われていましたがウルロンのMVで3分1秒にカッコ良く写りそのシーンを500回以上は⾒て嬉しいと話していて3分1秒の男と呼ばれ話題になり、努⼒を惜しまず歌もダンスも芝居も積み上げてきたのだなと尊敬します。
劇中での⾳楽と⾃然の⾳を上⼿く表現していて新しい⾳楽と芝居のカタチに衝撃を受けました。
また幅広い演技と存在感のあるチョ・ダルファンさんや、数多くの演劇やミュージカルに出演してきた実⼒派⼥優のキム・ジヒョンさんにも注⽬です。
僕が個⼈的に嬉しかったのはROTHYのセカンドミニアルバムが出てきたシーンです。
スクールゾーン 橋本稜・芸⼈

⼩さくもがき続ける彼らが次第に⼤きくぶつかり合う瞬間、私の⼼も揺さぶられました。
スクリーンの前で静かに⼀⼈で浸りたい映画。
私も旅に出たくなったなぁ。あの劇中に流れてくる曲を聴きながら。
武⽥梨奈・⼥優

ダーツの的の様にブスブスと刺さってくる台詞が幾つもあった。
才能がありながら⼈前では歌う事の出来ないミュージシャンの、願望と裏腹の傷。
⾃分の居場所を求めて踠く様をポップな⾳楽と冷たくも暖かい温度で⾒せてくれた。
⼈と会い、話し、美味しい物を⾷べて笑う。⽇常の⼤事なものを改めて感じながら成⻑していく。
今まさに⼤事な作品かもしれん…
なだぎ武・芸⼈

苦⼿が少しずつ⾃信に変わるのは⼈々の出会いにあることをこの映画は教えてくれました。
⾒終わったら、懐の深いそして⼈に対する優しさと愛情の深さ、私の⼤好きな韓国がこの映画のすべてにつまっていました。
主⼈公の歌声はこの時代に優しさと癒しを与えてくれます。
皆さんが知っているヒットナンバーを⼼揺さぶる歌声に響かせながら、韓国の旅に触れてください。
そして⾒終わった頃に何か⼀つ⾃分に⾃信が持てるようになると思います。
はるな愛・タレント

落ちぶれた⾳楽プロデューサーのミンスと歌の才能があるのに⼈前で歌えないチフンが出会ってライブツアーを敢⾏する!
「巨⼤な箱に⼊って歌う」という奇妙な⾒た⽬と美しい歌声のギャップがたまらない!
そんな箱に閉じこもって歌い続けていたチフンが、箱から⾶び出したい!と思うに⾄るまでの様々な出会いと感動を描くロードムービー。
ビニールタッキー・映画宣伝ウォッチャー

⽇本でいう昭和スタイルな⾳楽プロデューサーでありマネージャー。
芸能界でも働き⽅改⾰・成功⽅法のシステム化・コロナの影響で絶滅危惧種になりつつある中、
そんな情熱的な⼈に出会えるだけでも、⾳楽をやってる主⼈公の彼は“もってる”。
それをチャンスと思うのか?チャンスにするのか??
彼が⼊っていた箱は、⼈間なら誰もが⼼に中にあるモノと思う。
そこから踏み出すのか?踏み出さないのか?
ますだおかだ増⽥英彦・漫才師

作品情報

ぼくの歌が聴こえたら
2022年6⽉10⽇(⾦) シネマート新宿、ヒューマントラスト有楽町ほか全国公開

STORY
新⼈発掘の才能がありながら運に⾒放され、今では借⾦まみれとなってしまった⾳楽プロデューサーのミンスは、ある⽇駐⾞場の受付でギター⽚⼿に歌っていたチフン(チャンヨル)と出会う。その歌声に感動し、バックバンドを従えて堂々と歌う将来までも頭に浮かんだミンスは、躊躇するチフンを半ば強引にスカウトして10回のライブを契約させてしまう。天才的な才能がありながら少年時代のトラウマで⼈前では歌えないというチフンにミンスは冷蔵庫⽤の⼤きな段ボールを⽤意。勝ち気なミンスと内気なチフン、全く性格の違う2⼈の共通点は「⾳楽」だけ。果たしてライブツアーを成功させることができるのか?

出演︓チャンヨル(EXO、『チャンス商会 初恋を探して』(15)) 、チョ・ダルファン(『ワンステップ 君と僕のメロディ』(17))
監督・脚本︓ヤン・ジョンウン
2021年/韓国/韓国語/93分/シネスコ/5.1ch/原題︓더 박스/英題︓THE BOX
⽇本語字幕︓江波 智⼦/提供︓ニューセレクト/配給︓アルバトロス・フィルム

© 2021 STUDIO TAKE ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト bokuno-uta.com

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事