ブレードランナー 2049』『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のアナ・デ・アルマスがハリウッドの伝説的女優マリリン・モンローを演じるNetflix映画『ブロンド(原題)』(Blonde)のティザー予告編が公開された。

バックに流れるのはモンローのヒット曲「ダイヤが一番(Diamonds Are a Girl's Best Friend)」

『ブロンド(原題)』は現代アメリカ文学界を代表する女性作家ジョイス・キャロル・オーツのベストセラー小説「ブロンド-マリリン・モンローの生涯」を原作に、『紳士は金髪がお好き』(1953)『お熱いのがお好き』(1959)など数々の映画で人気を博し、36歳の若さで早逝したハリウッドのアイコン、マリリン・モンローの人生を描く作品。

内気な少女だったノーマ・ジーンがいかにして“マリリン・モンロー”としてスターダムの座へ駆け上がっていったのか、そして彼女の私生活に一体何があったのかが、事実とフィクションを交えて描かれていく。本作には過激な内容も含まれると言われ、Netflix作品では初めてとなる「NC-17指定(18歳未満鑑賞禁止)」を受けたことも話題を呼んでいる。

今回解禁された約1分間のティーザー映像では、モンローの名曲「ダイヤが一番Diamonds Are a Girl's Best Friend)」をバックに、『七年目の浮気』などの象徴的な瞬間がアナ・デ・アルマスによって再現されている

アナ・デ・アルマスはモンローを演じるにあたり「ジョイスの小説を読み、モンローの何百もの写真、ビデオ、音声記録、映画など、手に入るものはすべて研究しました」と語っている。監督は『ジェシー・ジェームズの暗殺』のアンドリュー・ドミニク。モンローの三番目の夫となった劇作家アーサー・ミラー役で『グランド・ブダペスト・ホテル』のエイドリアン・ブロディが共演する。

『ブロンド(原題)』は9月にNetflixで世界同時公開される予定。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事