キャプテン・アメリカ』シリーズや『パージ』シリーズのフランク・グリロが、スパイ・アクション映画『MR-9(原題)』に出演することが決まった。主人公スパイの宿敵を演じる。

フランク・グリロ
"Frank Grillo" by Gage Skidmore is licensed under CC BY-SA 2.0.
バングラデシュで人気を博しているスパイ小説を映画化

米「Deadline」の報道によれば、本作はバングラデシュで人気を博しているスパイ小説「マスード・ラナ」を映画化するアクション・スリラー。バングラデシュ版のジェームズ・ボンドともいわれる国際諜報員マスード・ラナの活躍を描く(彼のコードネームが「MR-9」)。グリロはその宿敵を演じるという。

監督・脚本を務めるのは『アストロ』のアシフ・アクバル。アメリカとバングラデシュで間もなく撮影が始まる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事