韓国が誇る名優ソル・ギョングと『パラサイト 半地下の家族』のイ・ソンギュンが共演を果たした話題作『キングメーカー 大統領を作った男』(8月12日公開)の予告編、新たな場面写真7点が一挙解禁された。

「選挙にきれい事は不要!勝てばいい、勝つしかない!」

最高権力の座をめざして政治家同士が激突し、負ければ汚職など不正行為を問われて刑務所入りになることもある韓国の大統領選。今年3月に実施され5年ぶりに政権交代となったことも記憶に新しいが、本作はまさに生き馬の目を抜く苛烈な大統領選を描き、韓国でも大きな話題に。しかも本作で描かれるエピソードの多くは、日本とも縁の深い第15代韓国大統領、金大中(キム・デジュン)と彼の選挙参謀だった厳昌録(オム·チャンノク)の実話をベースにしており、「まさか!」と思うような展開も、現実にあったことに驚かされる。

このたび解禁となった予告編の冒頭には、当選確率99%を約束する選挙コンサルタントの活躍を描いた「当確師」の著書がある小説家・真山仁からの言葉が。「選挙にきれい事は不要!勝てばいい、勝つしかない!不正が正義を飲み込む不条理の渦の中で、我々は政治の神髄を見つけられるのか!!」

その言葉を受けるが如く、ソル・ギョング演じる国会議員キム・ウンボムに向かって、イ・ソンギュン演じるソ・チャンデが「国民だって?奴らなど、手のひらで転がされる存在です」と言い切る場面から始まる予告編。壮絶な裏側を予感させる中、光の当たる表の存在として大統領を目指すキム・ウンボムは、5時間19分も演説をするほどの熱意と、「俺は何があってもウンボムを勝たせる」という天才参謀のソ・チャンデの手腕によって、選挙戦を打ち勝っていく。

しかし「勝つためなら親の位牌も売り飛ばす奴だ」と揶揄されるほど手段を選ばないチャンデのやり方に、ウンボムは「大事なのはどう勝つかではなく、何のために勝つのかだ」と伝え、二人の間に溝が。そこに、同じ野党のライバルであるキム・ヨンホ(ユ・ジェミョン)や、与党の選挙戦略家イ室長(チョ・ウジン)らの思惑も渦となり、大統領を目指す闘いは苛烈を極めていく。「未来の大統領を抱きしめても?」と熱い抱擁を交わすほど、運命共同体であったウンボムとチャンデ、二人に待ち受ける結末が気になる予告編となっている。

監督を務めたのは、ソル・ギョングが主演した『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』の俊英ビョン・ソンヒョン。『KCIA南山の部長たち』など、韓国映画界が得意とするポリティカル・サスペンスの真骨頂であり、本作を歴史の重みを感じさせる本格派の政治映画として描き新境地を開拓、その才能の奥深さを見せつけている。

奇しくも本日6月22日は参議院選挙の公示日。日本でも7月10日の投票にむけて、各党の党首や候補者らが街頭演説などで選挙運動を開始し激しい選挙戦が始まる。その裏側に”キングメーカー“の存在はあるのか、まさに時代を映した衝撃作が日本に上陸する。

『キングメーカー 大統領を作った男』は8月12日(金)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー。

作品情報

キングメーカー 大統領を作った男
2022年8月12日(金)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

監督:ビョン・ソンヒョン『名もなき野良犬の輪舞』
出演:ソル・ギョング『茲山魚譜 チャサンオボ』 イ・ソンギュン『パラサイト 半地下の家族』
ユ・ジェミョン「梨泰院クラス」 チョ・ウジン『SEOBOK/ソボク』 
2021年/韓国/123分/5.1ch/ビスタ/原題:킹메이커/字幕翻訳:小寺由香/提供:ツイン、Hulu/配給:ツイン

©2021 MegaboxJoongAng PLUS M & SEE AT FILM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト kingmaker-movie.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事