モダニズムを代表する芸術家の一人として近年世界的評価の著しいフィンランドの国民的画家ヘレン・シャルフベックの人生を描く『魂のまなざし』(7月15日公開)の本編映像が解禁された。フィンランドの国宝級の作品とされる彼女の代表作「快復期」が登場するシーンだ。

「“快復期”は再びアテネウムの至宝になった」

本作は、フィンランドで最も敬愛されるモダニズム画家ヘレン・シャルフベック(1862–1946)の画業と人生を決定づけた1915年から1923年を舞台に描く、終生の愛と友情の物語。画家として、女性として、一人の人間として自律的に生きるシャルフベックを演じるのは、第63回ベルリン国際映画祭でシューティング・スター賞を受賞したフィンランドの女優ラウラ・ビルン。

今回解禁された本編映像は、年下青年エイナルへの愛を超えた気持ちに気づいた画家ヘレンが、久しぶりにエイナルからの誘いを受け会うことになるシーン。

「あなたが僕を知る中で、最高の画家であり人物だ」と言うエイナルは、フィンランドのヘルシンキにあるアテネウム美術館に展示してあるヘレンの絵を前に「“快復期”は再びアテネウムの至宝になった」と絶賛する。病気から快復した少女をみずみずしく描いた「快復期」は現代ではフィンランドの国宝級といわれる作品だ。

しかし、険しい顔で絵を見つめるヘレンは「そうかしら?」とつぶやくと、「本物じゃないと言われている。カンバス上のリズムが暴力的で発作的だと」と話し、一息おくと「それは正しい。それが私だから」と静かにエイナルにほほ笑む。

並んで歩きながら「遊びに行けるかも」とエイナルが告げると、「優しいのね。心遣いに感動している。ありがとう」と目を細め嬉しそうに答えるヘレン。エイナルへの恋人を超えた友情を感じたヘレンは、さまざまな呪縛から自分自身を解き放つことに成功する。同時代の女性芸術家たちに先駆け、より自立し、強く成長していくヘレンの姿を捉えた映像となっている。

『魂のまなざし』は7月15日(金)Bunkamura ル・シネマ他にて順次公開。

作品情報

魂のまなざし
2022年7月15日(金)Bunkamura ル・シネマ他にて順次公開

STORY
1915年、ヘレン・シャルフベックは、高齢の母親とともに田舎で暮らす、いわば忘れられた画家だった。それでもヘレンは湧き出してくる情熱のためだけに絵を描き続けていた。すべてが変わったのは、ある画商が訪ねてきて彼女が描き溜めていた159点のすばらしい作品を発見、大きな個展開催に向けて動き出したからだ。しかし、ヘレンの人生で最も重要な転機は、画商が紹介した19歳年下の青年エイナル・ロイターとの出会いによってもたらされる…。

監督:アンティ・ヨキネン/出演:ラウラ・ビルン ヨハンネス・ホロパイネン クリスタ・コソネン エーロ・アホ ピルッコ・サイシオ ヤルッコ・ラフティ/字幕:林かんな/原題:HELENE/2020 年/フィンランド・エストニア/122 分

配給:オンリー・ハーツ 後援:フィンランド大使館 応援:求龍堂

©Finland Cinematic

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事