モダニズムを代表する画家のひとりとして、近年世界的に注目を浴びるフィンランドの国民的画家ヘレン・シャルフベックの生誕160年を記念した映画『魂のまなざし』 (7月15日公開)の予告編と新ビジュアルが完成した。

「芸術家は悲しいものよ」

ヘレン・シャルフベック (1862–1946)は、フィンランドで最も敬愛されるモダニズム画家。病気から快復した少女をみずみずしく描いた《快復期》や、死に至る晩年まで自らを見つめ描き続けた自画像の数々に代表される彼女の作品は、多様なスタイルを取り入れつつも、寄り添うような親密さとメランコリー、静謐な美しさと力強さをどれも一貫してたたえている。

本作は、彼女の画業と人生を決定づけた1915年から1923年の時代が舞台。抑圧的な家庭や男性社会に臆せず、名誉よりも内から湧き出る情熱に従うシャルフベックの姿が、北欧の透明な光に輝く自然や街並みとともに全編美しい映像で描かれる。

画家として、女性として、一人の人間として自律的に生きるシャルフベックを演じるのは、第63回ベルリン国際映画祭でシューティング・スター賞を受賞したフィンランドの女優ラウラ・ビルン。監督はビヨンセ、セリーヌ・ディオン、ケリー・クラークソンなど数々のミュージック・ビデオを手掛けてきたアンティ・ヨキネン。監督2作目『Purge』(2012)は、本作と同じくラウラ・ビルンを主演に起用し、第85回アカデミー賞外国語映画賞フィンランド代表に選ばれている。

このたび解禁された予告編では、世界的評価の著しいフィンランドの国民的画家ヘレン・シェルフベックの不器用でいながら真実を求め、情熱に従い生きた半生が切り取られている。

「なぜ戦争や貧困を描くのか。女流作家にふさわしくない」と問われたヘレンは「画家が描くときは、作品の説明など考えない。着想は内側と外側から同時にわき起こる。芸術家は悲しいものよ。幸せでも」と意味深な微笑みを見せる。

祖国独立と歩調を合わせるように、女流作家ではなく、一人の画家そして自立した人間として、苦難の時代を主体的に生き抜いていくヘレンだったが、世に名前が知られていく中でも、兄が一番優遇され母親に認められないことに苦悩していく。

そんな中、19歳年下の青年エイナル・ロイターと出会ったことによりヘレンの生活が一変する。特別な感情が芽生えていく自分を受け入れられないヘレンだったが、彼が旅立ったことにより、寂しいという気持ちを受け入れ全てを認めると決意。しかしやっと届いたエイナルからの手紙には衝撃的な事実が書いてあり、ヘレンはあまりの悲しさに絶望し倒れてしまう…。

『魂のまなざし』は7月15日(金)Bunkamura ル・シネマ他にて順次公開。

作品情報

魂のまなざし
2022年7月15日(金)Bunkamura ル・シネマ他にて順次公開

STORY
1915年、ヘレン・シャルフベックは、高齢の母親とともに田舎で暮らす、いわば忘れられた画家だった。それでもヘレンは湧き出してくる情熱のためだけに絵を描き続けていた。すべてが変わったのは、ある画商が訪ねてきて彼女が描き溜めていた159点のすばらしい作品を発見、大きな個展開催に向けて動き出したからだ。しかし、ヘレンの人生で最も重要な転機は、画商が紹介した19歳年下の青年エイナル・ロイターとの出会いによってもたらされる…。

監督:アンティ・ヨキネン/出演:ラウラ・ビルン ヨハンネス・ホロパイネン クリスタ・コソネン エーロ・アホ ピルッコ・サイシオ ヤルッコ・ラフティ/字幕:林かんな/原題:HELENE/2020 年/フィンランド・エストニア/122 分

配給:オンリー・ハーツ 後援:フィンランド大使館 応援:求龍堂

©Finland Cinematic

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事