『ダラス・バイヤーズクラブ』『カフェ・ド・フロール』などで知られるジャン=マルク・ヴァレ監督が、時代を彩る名曲とともに描く“ある一家”の物語『C.R.A.Z.Y.』(7月29日公開)の本編映像が解禁された。ジャン=マルク・ヴァレ監督の実の息子の登場シーンだ。

『カフェ・ド・フロール』では主人公アントワーヌの青年期を演じた

アカデミー賞3部門受賞の『ダラス・バイヤーズクラブ』、ヴァネッサ・パラディ主演の『カフェ・ド・フロール』他、数々の名作を世に送り出し、2021年12月にその生涯を終えたジャン=マルク・ヴァレ監督。本作は、監督が2005年に撮った、出世作として知られる一本。シャルル・アズナヴール、デヴィッド・ボウイ、ローリング・ストーンズらの時代を彩る名曲と共に、保守的な家庭で育った青年のアイデンティティ確立までの葛藤と成長を描く。トロント国際映画祭最優秀カナダ映画賞、イリス賞13部門受賞ほか、多くの映画祭で称賛を以て迎えられたほか、2005年の作品ながら、Rotten Tomatoes100%を記録し続けている。

このたび解禁された本編映像は、保守的な家庭で、5人兄弟の4男として育った幼少期の主人公ザックが、父親ジェルヴェの大事なパッツィ・クラインの希少な海外版レコードを割ってしまったシーン。

大きな目を泳がせて、神経質に膝をゆすり始めるザック。身に覚えのない兄たちは目くばせと共に、一様にザックを見つめる。「僕じゃない」と零すが、父の後ろのキリストの肖像画に後ろめたさを覚え始める。

「事故だった」と告白するザックに、3人の兄たちを追いやり、「レコードだけでなく、ウソの責任も取らせる」と怒りを向けるジェルヴェ。割れたレコードをいまいましげに机に叩きつけ、妻ロリアンヌに「ザックは変わっちまった」と嘆くが…。

この幼少期のザックを演じるのはジャン=マルク・ヴァレ監督の次男、エミール・ヴァレ。『カフェ・ド・フロール』では主人公アントワーヌの青年期を演じるなど、監督の作品で俳優として活躍。現在は映画・ドラマの編集に携わり、ヴァレ監督・ニコール・キッドマン主演の「ビッグ・リトル・ライズ」や「シャープ・オブジェクツ」にも参加している。

このときザックが割ってしまったレコードには、本作のタイトルと同じ「CRAZY」という楽曲が収録されている。このレコード、楽曲が一家にとってどのような意味を持つのか―。続く本編への期待が高まる映像となっている。

『C.R.A.Z.Y.』は7月29日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷他にてロードショー。

作品情報

C.R.A.Z.Y.
2022年7月29日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷他にてロードショー

STORY
1960年代の保守的な家庭で、5人兄弟の4男として育ったザック。「特別な子」と呼ばれた彼は、軍で働き音楽を愛する父親と過保護気味の母親、それぞれ文武に秀でた兄2人、問題だらけの次男を観察しながら幼少期を過ごす。やがて思春期に足を踏み入れる1970年代。ザックは同性に惹かれ始めた自らのアイデンティティと、男らしくあれという父親の価値観の間でもがくようになる。

監督:ジャン=マルク・ヴァレ『ダラス・バイヤーズクラブ』
出演: ミシェル・コテ、マルク=アンドレ・グロンダン、ダニエル・プルール

2005/カナダ、モロッコ/フランス語、英語/カラー/129分 映倫:PG12 後援:カナダ大使館、ケベック州政府在日事務所
原題:C.R.A.Z.Y.

配給:ファインフィルムズ   

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事