世界初の女性映画監督アリス・ギイの謎めいた生涯に迫るドキュメンタリー『映画はアリスから始まった』(7月22日公開)の劇場公開を記念して、アリス・ギイの1898年から1907年までの短編13作品が、アップリンク吉祥寺(東京)、名演小劇場(名古屋)、シネ・ヌーヴォ(大阪)などで限定上映されることが決定した。

『マダムの欲望』 ©DR
じつに100年以上前に撮られた貴重な作品ばかり

本作は、クローズアップ、特殊効果、カラー映画、音の同期といった現在の標準的な映画製作技法を次々と生み出し、1,000作品以上を手掛けた監督・製作・脚本家、アリス・ギイの生涯と、晩年の謎に迫るドキュメンタリー。リュミエール兄弟やジョルジュ・メリエスと並ぶ映画のパイオニアであり、ハリウッドの映画製作システムの原型を作り上げた“最重要人物”であるはずの彼女は、なぜ映画史から忘れ去られていたのか? ベン・キングズレーや、アニエス・ヴァルダ、マーティン・スコセッシら映画界の錚々たる面々や、アリス自身と彼女の親族らへの膨大なインタビューと緻密なリサーチ、アリス作品のフッテージの数々によって彼女の功績とその生涯を明らかにしていく。ナレーションを務めるのはジョディ・フォスター。

『映画はアリスから始まった』

今回決定した「アリス・ギイ短編集」では、アリス・ギイが実際に監督した13作品の短編作品を見ることができる。じつに100年以上前に撮られた貴重な作品ばかりだ。上映作品・劇場は以下の通り。

『ソーセージ競争』

「アリス・ギイ短編集」上映作品

■全13作品(上映時間:50分、提供:アンスティチュ・フランセ)
・『催眠術師の家で』Chez le magnétiseur(1分/白黒)1898年
・『世紀末の外科医』Chirurgie fin de siècle(2分/白黒)1900年
・『オペラ通り』Avenue de l’Opéra(1分/白黒)1900年
・『全自動の帽子屋兼肉屋』Chapellerie et Charcuterie mécaniques(1分/白黒)1900年
・『カメラマンの家で』Chez le photographe(1分・白黒)1900年
・『フェリックス・マヨル 失礼な質問』Questions indiscrètes(3分/染色 → 彩色)1905年
・『マダムの欲望』Madame a des envies(5分/白黒)1906年
・『フェミニズムの結果』Les Résultats du féminisme(8分/白黒)1906年
・『キャスター付きベッド』Le Lit à roulettes(4分/白黒)1907年
・『ソーセージ競争』La Course à la saucisse(5分/白黒)1907年
・『ビュット=ショーモン撮影所でフォノセーヌを撮るアリス・ギイ』Alice Guy tourne une phonoscène(2分/白黒)1907年
・『バリケードを挟んで』Sur la barricade(5分/白黒)1907年
・『銀行券』Le Billet de banque(12分/白黒)1907年

「アリス・ギイ短編集」上映劇場

・アップリンク吉祥寺(東京)・・・7月23日(土)、24日(日) 2日間限定上映 
・名演小劇場(名古屋)・・・・・・・7月30日(土)、31日(日) 2日間限定上映 
・シネ・ヌーヴォ(大阪)・・・・・・・8月20日(土)~の『映画はアリスから始まった』上映期間中に上映予定

※タイムテーブル、料金などの詳細は各劇場にお問合せください。その他、各地の劇場でも上映予定あり

作品情報

映画はアリスから始まった
2022年7月22日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

ナレーション:ジョディ・フォスター

監督:パメラ・B・グリーン 製作:ロバート・レッドフォード 他
出演:アリス・ギイ=ブラシェ/シモーヌ・ブラシェ/ベン・キングズレー/マーティン・スコセッシ/アニエス・ヴァルダ 他
原題:Be Natural: The Untold Story of Alice Guy-Blaché

2018年/アメリカ/カラー+モノクロ/103分/ドキュメンタリー

© 2018 Be Natural LLC All Rights Reserved

公式サイト www.pan-dora.co.jp/aliceguy/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事