『チェイサー』『哭声/コクソン』でその名を轟かせた韓国映画界が誇る気鋭ナ・ホンジンが原案・プロデュースした『女神の継承』(7月29日公開)の公開を記念して、本作の監督を務めるバンジョン・ピサンタナクーンの過去作『心霊写真』が一夜限りの限定で復活上映されることが決定した。

『心霊写真』
監督「日本の観客の皆さんに、なるべく大きなスクリーンでたくさん見ていただけたら嬉しいです」

アジアホラーの傑作として語り継がれる『心霊写真』は、のちに『シャッター』(10)として『呪怨 -ザ・ファイナル-』の落合正幸監督によってハリウッドリメイクされた。2005年の日本公開後、DVD化されるものの、現在では未配信作品となっていたが、今回、『女神の継承』公開を記念して、Filmarksのプレチケ企画として、『女神の継承』公開前夜(7月28日)に一夜限りの復活上映が行われることが決定した。詳細は以下の通り。

『女神の継承』一夜限りの復活上映

(1)劇場:シネマート新宿 スクリーン2
日時:2022/7/28(木)19:00 上映開始(20:38 終了予定)
住所:東京都新宿区新宿 3 丁目 13-3 新宿文化ビル 6F・7F

(2)劇場:シネマート心斎橋 スクリーン1
日時:2022/7/28(木)18:00上映(19:40終了予定)
住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目6−14 ビッグステップビル 4 階

価格:1600 円 ※システム利用料 160 円がかかります
チケット購入先:https://premium-ticket.filmarks.com/special/1ylwzg8y504

心霊写真

STORY
カメラマンのタンは恋人のジェーンとともに、大学時代の友人の結婚式に主席する。その帰りに、タンは道に飛び出して来た女性を車ではねてしまう。その場から逃げ出してしまった2人だったが、その後、彼らの周囲で次々と奇妙な事件が起こり始めるー。

監督・脚本:パークプム・ウォンプム『ホームステイ ボクと僕の100日間』、バンジョン・ピサンタナクーン『女神の継承』
キャスト:アナンダ・エヴァリンハム, ナッターウィーラヌット・トーンミー, アチタ・シカマーナー, アノップ・チャンパイプーン, ティティカーン・トーンプラスート
© 2004 GMM Grammy Public Company Limited and Phenomena Company Limited. All right reserved. 
2004年/タイ/タイ語/96分/カラー/原英題:SHUTTER

『心霊写真』の公開に寄せて、バンジョン・ピサンタナクーン監督は「『心霊写真』は、私が 23 歳の時に撮影した作品で、25 歳の時に公開された作品です。なので、約 18 年振りに劇場公開されることになり、さらに日本での上映となります。日本の観客の皆さんに、なるべく大きなスクリーンでたくさん見ていただけたら嬉しいです。感想を楽しみにしています」とコメントを寄せている。

バンジョン・ピサンタナクーンの新作『女神の継承』は、カンヌ国際映画祭に出品され、世界中の度肝を抜いた『哭声/コクソン』のアナザー・バージョンとも言える衝撃作。タイ東北部の村で脈々と受け継がれてきた祈祷師一族の美しき後継者を襲う不可解な現象の数々を描く。『女神の継承』は7月29日(金) 全国ロードショー。

『女神の継承』
作品情報

女神の継承
2022年7月29日(金) 全国ロードショー

STORY
小さな村で暮らす若く美しい女性ミンが、原因不明の体調不良に見舞われ、まるで人格が変わったように凶暴な言動を繰り返す。途方に暮れた母親は、祈祷師である妹のニムに助けを求める。もしやミンは一族の新たな後継者として選ばれて憑依され、その影響でもがき苦しんでいるのではないかー。やがてニムはミンを救うために祈祷を行うが、彼女に取り憑いている何者かの正体は、ニムの想像をはるかに超えるほど強大な存在だった……。

原案・プロデュース:ナ・ホンジン『チェイサー』 『哭声/コクソン』
監督:バンジョン・ピサンタナクーン
キャスト:サワニー・ウトーンマ、ナリルヤ・グルモンコルペチ、シラニ・ヤンキッティカン

2021年/タイ・韓国/タイ語/131分/カラー/1.78:1/5.1CH/原題:랑종/英題:THE MEDIUM /字幕翻訳:横井和子
配給:シンカ/提供:シンカ、エスピーオー/後援:タイ国政府観光庁/協力:OSOREZONE

レーティング:R18+

© 2021 SHOWBOX AND NORTHERN CROSS ALL RIGHTS RESERVED. 

公式サイト https://synca.jp/megami

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事