90年代アメリカ社会を震撼させた未解決事件を題材にしたクライム・サスペンス『L.A.コールドケース』(8月5日公開)の本編映像が解禁された。元刑事を演じるジョニー・デップと記者役のフォレスト・ウィテカーが火花散る演技合戦を繰り広げるシーンだ。なお本日7月15日はフォレスト・ウィテカーの誕生日に当たる。

二人の共演は『プラトーン』(86)以来、20数年ぶり

本作は、アメリカ史上最も「悪名高い」と称される、90年代ヒップホップ・シーンを代表する二人のカリスマ“2PAC”と“ノトーリアス・B.I.G.”が射殺された未解決事件を題材に、ハリウッドを代表する名優ジョニー・デップとフォレスト・ウィテカーが豪華競演を果たしたクライム・サスペンス。なんと二人の共演は『プラトーン』(86)以来、20数年ぶりである。

今年のカンヌ国際映画祭では名誉パルムドール賞に輝いたフォレスト・ウィテカー。その61歳の誕生日を記念し、ジョニー・デップとの迫真の演技合戦の様子が切り取られた本編映像が解禁された。

映し出されるのは、ジャクソン(フォレスト・ウィテカー)とプール(ジョニー・デップ)が言い争うシーン。神妙な面持ちで「W・ファウスの話を」と切り出すジャクソンに対し、「ファウス?奴の口車に乗ったか」と穏やかではない様子のプール。

「俺は刑事だ。証明できるまで確信はない」と言い放つが、彼は既に引退した“元”刑事。プールと協力しながら事件を追う中で、プール自体に疑問を抱き始めたジャクソンは、「汚職警官を批判するが、あんたは?」と決してクリーンとは言えない彼の経歴を問いただす。

プールは刑事を引退した後も独自に捜査を続けた人物であり、事件解決に執着するあまり家族とも疎遠になっている。部屋の壁一面が捜査資料で埋め尽くされるほど、この未解決事件に全てをかけてきた。

そんな彼に対し、「息子も無視するさ。これの方が大事か」と吐き捨てるジャクソン。そして、やり場のない怒りをアメフト・ボールにぶつけるプール。彼が仄めかす「ロス市警の汚さ」とは何か。果たして二人は「真実」にたどり着くことは出来るのか。二人を翻弄するL.A.の闇を暗示させるかのような本編映像だ。

『L.A.コールドケース』は8月5日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン池袋 ほか公開。

作品情報

L.A.コールドケース
2022年8月5日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン池袋 ほか公開

STORY
1997年3月。全米に衝撃を与えたノトーリアス・B.I.G.の暗殺事件が勃発。その担当刑事だった元ロサンゼルス市警察署のラッセル・プール(ジョニー・デップ)は、事件から18年が経過した今も、未解決事件の真相を追い続けていた。ある日、彼のもとに事件の謎を独自に探っていた記者ジャック(フォレスト・ウィテカー)が訪れる。なぜラッセルが家族や友人に避けられるようになってまでこの事件に執着しているのか、そこから捜査が進まない原因を突き止めようとする。さらに、プールはノトーリアス・B.I.G.の事件に警察官たちの関与を疑い捜査を深めていく。そして、プールとジャクソンは手を組み複雑に絡む事件の真相に迫るが…

出演:ジョニー・デップ フォレスト・ウィテカー トビー・ハス デイトン・キャリー
監督:ブラッド・ファーマン(『潜入者』『リンカーン弁護士』) 原作:ランドール・サリヴァン「LAbyrinth」 脚本:クリスチャン・コントレラス
2018年│アメリカ・イギリス│英語・スペイン語│112分│カラー│スコープ│5.1ch│G│原題:CITY OF LIES│字幕翻訳:種市譲二

提供:木下グループ 配給:キノフィルムズ

© 2018 Good Films Enterprises, LLC.

公式サイト la-coldcase.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事