『英国王のスピーチ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したコリン・ファースと、『ラブリーボーン』で同賞助演男優賞にノミネートされたスタンリー・トゥッチがカップル役を演じ、20 年という歳月を共にしてきた2人が向き合う人生の最終章を圧倒的な演技で魅せる心震える感動作『スーパーノヴァ』が、7月1日(木)よりTOHO シネマズ シャンテ他にて全国順次公開。

このたび場面写真が一挙に解禁された。主人公2人が一緒に過ごす最後の時間が捉えられ、見ているだけで切なくなるようなシーン写真だ。

「サムとタスカーの絆が本物でなければこの映画は成功しない」

ピアニストのサムと作家のタスカーは、ユーモアと文化をこよなく愛する 20 年来のパートナー。ところが、タスカーが抱えた病が、かけがえのないふたりの思い出と、添い遂げるはずの未来を消し去ろうとしていた。大切な愛のために、それぞれが決めた覚悟とは――。

不器用で無口だが、胸の奥に熱い愛情を燃やし続けるピアニストのサムを演じるのはコリン・ファース。人を惹きつける才能と魅力に溢れ、いつもブラックジョークで周囲に笑いをもたらす作家タスカーにはスタンリー・トゥッチ。最初にオファーされたスタンリーが、「サムとタスカーの絆が本物でなければこの映画は成功しない」と考え、20 年来の友であるコリンに自ら(実は独断で)脚本を手渡したことから夢の共演が実現した。

愛とユーモアに溢れた幸せな日々を過ごしてきた 2 人が見せる、最後の愛の煌めきとは

このたび解禁された場面写真では、長年パートナーとして連れ添ったサム(コリン・ファース)とタスカー(スタンリー・トゥッチ)の関係が様々なシーンから切り取られている。

多くの友人に囲まれる姿や、ダイナーで談笑するような微笑ましいカップルカットもあれば、切なげに抱き合う様子やそれぞれが複雑な表情を浮かべる姿も切り取られ、人生の大きな岐路に立つ 2 人の物語が示唆されている。また望遠鏡を覗き天体観測をする、タイトルに通じるワンシーンも。

20 年という歳月を共にし、愛とユーモアに溢れた幸せな日々を過ごしてきた 2 人が見せる、最後の愛の煌めきとは――。

作品情報

スーパーノヴァ
7月1日(木) TOHO シネマズ シャンテ他 全国順次ロードショー

原題:Supernova
出演:コリン・ファース『英国王のスピーチ』、スタンリー・トゥッチ『ラブリーボーン』
監督・脚本:ハリー・マックイーン
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ /配給:ギャガ
2020 年/イギリス/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/95 分/G/字幕翻訳:西村美須寿
© 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事