1960年代、ファッションや音楽など、世界中の若者を熱狂させたロンドン発のカルチャー「スウィンギング・ロンドン」の中心人物とも言える伝説のデザイナー、マリー・クワントの横顔を紐解くドキュメンタリー『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』(11月26日公開)の日本版予告編と新たな場面写真が解禁された。

Courtesy Terence Pepper Collection
「今を生きる若者のために服をデザインしたい」

世界中の若者がロンドン発のストリート・ファッションに夢中になった1960年代、「スウィンギング・ロンドン」と呼ばれたカルチャーの中心的人物である伝説のデザイナー、マリー・クワント。本作は、伝統と階級文化が残るイギリスで、ミニスカートを流行させファッション革命を起こした彼女の横顔を、当時の熱狂を知る関係者へのインタビューとアーカイブで紐解くドキュメンタリー。ファッショニスタとしても知られるロンドン出身の女優、サディ・フロストが監督を務めた。

なお、映画の公開初日と同日の11月26日(土)より、Bunkamura ザ・ミュージアムにて「マリー・クワント展」も開催が決定(2023年1月29日(日)まで)。自分らしさを追求したマリー・クワントの功績が再評価される今、必見のファッション・ドキュメンタリーだ。

今回解禁となった予告編は、1960年代に世界中の若者を熱狂させたカルチャー・ムーブメント「スウィンギング・ロンドン」の中心にいたマリー・クワントの伝説の幕開けを垣間見せる。「音楽の代表格がビートルズなら、ファッションはマリーだった」。

彼女は「今を生きる若者のために服をデザインしたい」と語り、チェルシーに小さなお店をオープンし、伝統を重んじるイギリスでミニスカートを流行させ、ファッションに革命をもたらした。

©2021 MQD FILM LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

そして、その成功の裏側には、彼女を生涯に渡り支え続け、二人三脚で事業を推し進めた夫、アレキサンダー・プランケット・グリーンの存在があった。彼が渉外や宣伝を担当することで、マリーは創造性を存分に発揮できた。世界に革命を起こした伝説のデザイナー、マリー・クワントの快進撃を切り取った、ワクワクするような予告編が完成した。

また、追加で解禁された場面写真にはマリーと夫が仲睦まじく歩く様子や、チェルシーにオープンした「BAZAAR」のウィンドウの前で手を広げ笑顔を見せるマリーが映し出されている。

『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』は11月26日(土)、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー。

作品情報

マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説
2022年11月26日(土)、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー

監督:サディ・フロスト 
出演:ケイト・モス/ヴィヴィアン・ウェストウッド/デイヴ・デイヴィス(ザ・キンクス)/ピート・タウンゼント(ザ・フー)/ポール・シムノン(ザ・クラッシュ)
2021年/イギリス/英語/90分/ビスタサイズ/原題:QUANT/映倫区分G

協力:マリークヮント コスメチックス/後援:ブリティッシュ・カウンシル/配給:アット エンタテインメント

©2021 MQD FILM LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト www.quantmoviejp.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事