世界最大のサハラ砂漠で年老いた女主人が営む一軒のカフェを舞台にしたドキュメンタリー映画『サハラのカフェのマリカ』(8月26日公開)の予告編が完成した。

「あんたがいなくなるとここは殺風景になっちまう」

本作は、アルジェリアで誕生した21世紀の“バグダッド・カフェ”ともいわれる作品。ゆっくりと時が流れる砂漠の日常をアルジェリアの新鋭、ハッセン・フェルハーニ監督が鮮やかに、そして幻想的に描き出し世界中の映画祭を席巻した。

アフリカ北部に位置する世界最大のサハラ砂漠。その砂の大地の真ん中に、簡素な家屋が一軒佇んでいた。そこは砂漠の休息所、年老いた女主人のマリカが一人で切り盛りするカフェだった。砂漠を走るトラックの運転手、どこからともなくやって来る旅人たち、ヨーロッパのバックパッカー、行き交う人々が次々とやって来ては、去っていく。マリカはそんな人々と他愛も無いおしゃべりをしながら日々を過ごしていく。国のこと、人生のこと、家族のこと、コーヒーを飲みながら初対面のマリカに人々は打ち明ける。

このたび解禁された予告編では、サハラ砂漠の真ん中の、年老いた女主人のマリカが一人で切り盛りするカフェ、そこに行き交う人々の姿が小気味よく描かれる。

「ここで寝泊まりを?」「買い物は誰が?」「どこで買い物を?」と質問攻めにされるマリカがうんざりしたように「取り調べかい。もちろんここに住んでるよ!」と答えるシーンも。「もう飽きたし、疲れたよ」と口にするマリカには「あんたがいなくなるとここは殺風景になっちまう」と彼女の存在の大きさを物語る声がかかる。

砂漠のオアシスとなっているカフェと広大な乾いた大地の対比が、旅への欲望を誘う予告編となっている。

『サハラのカフェのマリカ』は8月26日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。

作品情報

サハラのカフェのマリカ
2022年8月26日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

出演:マリカ、チャウキ・アマリ、サミール・エルハキム
監督・撮影:ハッセン・フェルハーニ
プロデューサー:オリビエ・ボイショット&ナリマネ・マリ 原題:143 Rue du Désert|英題:143 Sahara Street
製作:Allers Retours Films、Centrale Electrique

アルジェリア・フランス・カタール | 2019年 | 104分 | カラー|ドキュメンタリー

配給:ムーリンプロダクション

© 143 rue du désert Hassen Ferhani Centrale Électrique -Allers Retours Films

公式サイト https://sahara-malika.com/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事