現在ミニシアター“新宿シネマカリテ”で絶賛開催中の映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション®2022」 (略して「カリコレ®2022」) のシークレット作品が『ワイルド・スタイル』に決定した。

『ワイルド・スタイル』
©Pow Wow Productions, Ltd.
現在の音楽、ファッション、文化に定着しているヒップホップを世に知らしめた衝撃作

『ワイルド・スタイル』はそれまで世の中に存在しなかった全く新しいサブカルチャーを描いた映画で、日本でも1983年に劇場公開され、世界中で熱狂を呼んだヒップホップカルチャーを語る上で最も重要な作品。40年後の現在、音楽やファッション、文化の中に当たり前に定着しているヒップホップの存在を、最初に世に知らしめたのが本作だ。

1982年、監督のチャーリー・エーハンから「この新しいカルチャーHIPHOP を映画にしよう」と提案されたFab5Freddyが仲間に声を掛けて本作『ワイルド・スタイル』を制作。映画に出演したのは「Lee」のサブウェイアートで有名なグラフィティライター、リー・キノネスをはじめ、当時のシーンの真っ只中にいた本物のライターやDJ、ダンサーたち。

黎明期のヒップホップ文化を描いた映画は多く存在するが、ここまで純粋なエネルギーをストレートに描いた作品は当時衝撃的。今回映画製作から 40 年という節目の上映に際して、ライムスター宇多丸は「記録としての価値は無論、『人間の証明』(1977年)NY ロケで初期ヒップホップ文化の一端を目撃していた葛井克亮氏が、数年後カンヌで本作にいち早く注目、世界に先駆けての日本公開に至った……という歴史的経緯もスリリング!」とコメントを寄せている。

9月2日(金)からの一般公開に先駆け、「カリコレ®2022」のシークレット作品として8月6日(土)に上映される。8月6日(土)18時00分の回の上映後にはストリートカルチャーに造詣が深いライター、DJの荏開津広と元ロッキン・オン編集者で映画音楽ジャーナリストの宇野維正を招き、「40年前『ワイルド・スタイル』が、HIPHOP カルチャーを伝え、その後の世界にどう影響を与えたか?」について熱く語るトークショーも実施する。

作品情報

ワイルド・スタイル
2022年8月6日(土)「カリコレ®2022」シークレット作品として上映
2022年9月2日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ他全国ロードショー

原題:『WILD STYLE』
監督・製作・脚本:チャーリー・エーハン
音楽:ファブ・ファイブ・フレディ、クリス・スタイン
撮影:クライブ・デビッドソン ジョン・フォスター
出演:キャスト:リー・キノネス、ファブ・ファイブ・フレディ、サンドラ“ピンク”ファーバラ、パティ・アスター、
グランドマスター・フラッシュ、ビジー・ビー、コールド・クラッシュ・ブラザーズ、ラメルジー、ロックステディクルー、他
1982 年/アメリカ/82 分/スタンダード/DCP

©Pow Wow Productions, Ltd.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事