フランスを涙で包んだ実話に基づく感動作『1640日の家族』(7月29日公開)の本編映像が解禁された。映画初出演にして絶賛を浴びる天才子役ガブリエル・パヴィがアドリブによる圧巻の演技を披露する場面だ。

監督「私は驚きで我を忘れて2人のやりとりを眺めていました」

本作は監督の少年時代の体験を基に、生後18ヶ月のシモンを受け入れた里親一家の深い愛と絆を描く珠玉作。シモンを受け入れた里親のアンナ(メラニー・ティエリー)と夫のドリス。2人の息子とは兄弟のように育ち、幸せな4年半が過ぎようとしていた。ところがそんなある日、実父のエディからシモンを手元で育てたいという申し出が。突然訪れた“家族”でいられるタイムリミット。その時、彼らが選んだ未来とはー。

このたび解禁されたのはシモン少年が悪夢にうなされるシーン。大声でママと叫ぶシモンの元に駆けつける里親のアンナ。夢から醒めたシモンはその内容を話し始める。恐ろしい夢の内容を聞いたアンナは「心配しないで。世界の果てにいても気づく」とシモンにキスし、優しく抱きしめるのであった。

シモン役を演じるガブリエル・パヴィは、パリの公園で遊んでいるところを監督とキャスティングディレクターがスカウトし、本作が演技初挑戦という逸材。なんとこのシーン、実は彼がアドリブで演じている。

監督はガブリエルのこのアドリブのシーンについて、次のように語っている。「この悪夢のシーンはガブリエルにとって最も長い撮影となりました。撮影は2/3が終了していたので、彼も撮影に慣れていたのが幸いしました。最初は脚本通りにセリフを言ってもらい、その後、彼に違う悪夢の話を自由にしゃべってもらったのですが、すばらしい完成度でした。ガブリエルが即興で作り上げた悪夢の話を、アンナ役のメラニーが受けて問い返す。メラニーには緊張の続く撮影だったと思いますが、私は驚きで我を忘れて2人のやりとりを眺めていました。メラニーは、彼から激しい感情を引き出すために常に気を使って演技してくれました。カメラが彼女に向けられているときは逆に演技を控えめにしなくてはならず、バランスをとるのに苦労しているようでした。他のシーンでも演技初体験の子どもたちを撮るために何度もテイクを重ねたので、大人のキャストとスタッフにとっては大変な撮影になりました」

あわせて新場面写真も解禁。シモンが食事をするシーンや雪山でのスキーウェア姿、里親家族と兄弟のように過ごす様子などが切り取られている。

映画初出演にして一躍スターダムにのしあがった『存在のない子供たち』(18)のゼイン・アル=ラフィーアや『ミナリ』(20)のアラン・キムに継ぐ、新たな天才子役が誕生! 里親と実父の間で揺れ動く葛藤と眼差しの強さ、そして演技初挑戦とは思えない大人顔負けの迫真の演技に目が釘付けになること間違いなしだ。

『1640日の家族』は7月29日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

作品情報

1640日の家族
2022年7月29日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

STORY
生後18ヶ月のシモンを受け入れた里親のアンナと夫のドリス。2人の息子とは兄弟のように育ち、幸せな4年半が過ぎようとしていた。ところが、実父のエディからシモンを手元で育てたいと申し出が…。突然訪れた“家族”でいられるタイムリミットに、彼らが選んだ未来とはー。

監督・脚本:ファビアン・ゴルジュアール
出演:メラニー・ティエリー、リエ・サレム、フェリックス・モアティ、ガブリエル・パヴィ
2021年/フランス/仏語/102分/1.85ビスタ/5.1ch/原題:La vraie famille/英題: The Family/日本語字幕:横井和子

配給:ロングライド

©︎ 2021 Deuxième Ligne Films - Petit Film All rights reserved.

公式サイト https://longride.jp/family/ 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事