ジョニー・デップとフォレスト・ウィテカーが共演したクライム・サスペンス『L.A.コールドケース』(8月5日公開)より、ジョニー・デップの魅力が詰まった新たな場面写真と海外版予告が解禁となった。

「勇気ある映画だ。皆さんがこの映画を見て、正義を求めてくれたらと思う」

本作は90年代アメリカのヒップホップ・シーンを代表する二大カリスマ“2PAC”と“ノトーリアス・B.I.G. (ビギー)”が暗殺された実在の未解決事件を題材にしたクライム・サスペンス。

写真家のユージン・スミス(『MINAMATA-ミナマタ-』/20)や「ピーターパン」の作者ジェームス・マシュー・バリ(『ネバーランド』/04)、「アメリカで最低の映画監督」と呼ばれたエド・ウッド(『エド・ウッド』/94)、はたまた「社会の敵ナンバーワン」と呼ばれたジョン・デリンジャー(『パブリック・エネミーズ』/09)など、これまで実在の人物をさまざま演じてきたジョニー・デップが、本作でもラッセル・プールという生涯をかけてロス市警の汚職を追い続けた実在の刑事を演じている。

今回解禁された新たな場面写真では、未解決事件を追うプールの姿が切り取られている。陰謀に隠された事件の真相を明らかにしようと奮闘するプールの姿が印象的な場面写真だ。

あわせて解禁となった海外版予告では、ノトーリアス・B.I.G.の楽曲“You're Nobody (Til Somebody Kills You)”が使用されている。

ロサンゼルス市警の汚職を題材にした本作ではあるが、現実にも本作の公開までに紆余曲折があった。ジョニー・デップは公開まで時間が掛かったことに関して、「残念ながらいろいろな要素があったと思います。それにはロサンゼルス警察とその広大な背景が関係するでしょう」と明かすなど、事件から20年以上が経った今もなお、この事件の闇の深さを窺い知ることができる。

また、本作についてジョニーは「勇気ある映画だ。皆さんがこの映画を見て、正義を求めてくれたらと思う」とも語っている。果たしてビギーを撃ったのは誰なのか? この“悪名高き”未解決事件とジョニー・デップ演じるラッセル・プール刑事の行く末は劇場で見届けよう。

『L.A.コールドケース』は8月5日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン池袋 ほか公開。

作品情報

L.A.コールドケース
2022年8月5日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン池袋 ほか公開

STORY
1997年3月。全米に衝撃を与えたノトーリアス・B.I.G.の暗殺事件が勃発。その担当刑事だった元ロサンゼルス市警察署のラッセル・プール(ジョニー・デップ)は、事件から18年が経過した今も、未解決事件の真相を追い続けていた。ある日、彼のもとに事件の謎を独自に探っていた記者ジャック(フォレスト・ウィテカー)が訪れる。なぜラッセルが家族や友人に避けられるようになってまでこの事件に執着しているのか、そこから捜査が進まない原因を突き止めようとする。さらに、プールはノトーリアス・B.I.G.の事件に警察官たちの関与を疑い捜査を深めていく。そして、プールとジャクソンは手を組み複雑に絡む事件の真相に迫るが…

出演:ジョニー・デップ フォレスト・ウィテカー トビー・ハス デイトン・キャリー
監督:ブラッド・ファーマン(『潜入者』『リンカーン弁護士』) 原作:ランドール・サリヴァン「LAbyrinth」 脚本:クリスチャン・コントレラス
2018年│アメリカ・イギリス│英語・スペイン語│112分│カラー│スコープ│5.1ch│G│原題:CITY OF LIES│字幕翻訳:種市譲二

提供:木下グループ 配給:キノフィルムズ

© 2018 Good Films Enterprises, LLC.

公式サイト la-coldcase.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事