故ジャン=マルク・ヴァレ監督作品『C.R.A.Z.Y.』が7月29日(金)より劇場公開されるのを記念して、同監督によるアカデミー賞3部門受賞作『ダラス・バイヤーズクラブ』が新宿シネマカリテにて8月6日(土)・8月7日(日)の2日間限定で上映されることが決定した。

『ダラス・バイヤーズクラブ』
監督のキャリアのターニングポイントとなった2作をスクリーンで堪能できる貴重な機会

『C.R.A.Z.Y.』は数々の名作を世に送り出し、2021年12月にその生涯を終えたジャン=マルク・ヴァレ監督が、カナダ時代に残した代表作。1960年、カナダ・ケベックに生まれ、成長に従い父親の理想の息子でいられなくなる主人公ザックと、「男らしくあれ」と事あるごとに口にする父親ジェルヴェの関係を中心に、ザックを「特別な子」だと信じる母、そして4人の兄弟との数十年に渡る日々が描かれる。

そのジャン=マルク・ヴァレ監督が2013年に撮ったのが『ダラス・バイヤーズクラブ』。無認可のHIV治療薬を巡る実話を基にした作品で、主演マシュー・マコノヒーと、助演ジャレッド・レトにアカデミー賞主演男優賞、助演男優賞をもたらし、メイク・ヘアスタイリング賞を含めてアカデミー賞3部門に輝いた。

今回の2日間限定上映では、ハリウッド活躍の礎として本国カナダで社会現象を巻き起こした『C.R.A.Z.Y.』と、世界に名を轟かせた『ダラス・バイヤーズクラブ』の2本を同時に楽しめる。ジャン=マルク・ヴァレ監督のキャリアのターニングポイントとなった2作をスクリーンで堪能できる貴重な機会となる(『ダラス・バイヤーズクラブ』鑑賞料金は一律1,300円)。

また、7月29日(金)からの『C.R.A.Z.Y.』来場者特典も決定。初日から7月31日(月)までの3日間はレコード型うちわが数量限定で配布される。場内でも、映画館の外でも活躍するうちわを、猛暑のおともに入手してみては?

新宿シネマカリテで『ダラス・バイヤーズクラブ』上映のある8月5日(金)からの週末3日間には、海外アートワーク型のポストカードを配布。レインボーカラーの髪のザックのサングラスには、反抗心を抱きながらも憧れてやまない父ジェルヴェの姿が。ユニークなイラストの貴重なポストカードだ。

『C.R.A.Z.Y.』は7月29日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷他にてロードショー。

作品情報

C.R.A.Z.Y.
2022年7月29日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷他にてロードショー

STORY
1960年代の保守的な家庭で、5人兄弟の4男として育ったザック。「特別な子」と呼ばれた彼は、軍で働き音楽を愛する父親と過保護気味の母親、それぞれ文武に秀でた兄2人、問題だらけの次男を観察しながら幼少期を過ごす。やがて思春期に足を踏み入れる1970年代。ザックは同性に惹かれ始めた自らのアイデンティティと、男らしくあれという父親の価値観の間でもがくようになる。

監督:ジャン=マルク・ヴァレ『ダラス・バイヤーズクラブ』
出演: ミシェル・コテ、マルク=アンドレ・グロンダン、ダニエル・プルール

2005/カナダ、モロッコ/フランス語、英語/カラー/129分 映倫:PG12 後援:カナダ大使館、ケベック州政府在日事務所
原題:C.R.A.Z.Y.

配給:ファインフィルムズ   

© 2005 PRODUCTIONS ZAC INC.

ダラス・バイヤーズクラブ

監督: ジャン=マルク・ヴァレ 脚本: メリッサ・ウォーラック『白雪姫と鏡の女王』 
出演:マシュー・マコノヒー『ダラス・バイヤーズクラブ』、ジャレッド・レト『モービウス』、ジェニファー・ガーナー『ライリー・ノース 復讐の女神』
2013年/アメリカ/カラー/英語/シネスコ/5.1chドルビーデジタル/117分/R-15+ 原題:Dallas Buyers Club
配給:ファインフィルムズ

© 2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Rights Reserved. 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事