大企業に勤める3人の高卒女性社員たちが、偶然知った会社の不正に自らの知識と知恵と勇気で立ち向かう姿を痛快に描く大逆転ストーリー『サムジンカンパニー1995』が7月9日(金)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次公開。このたび、解雇の危険を顧みず、会社の不正に立ち向かうコ・アソン演じる主人公ジャヨンら女子社員たちの個性あふれるキャラクター映像と新たな場面写真が解禁。また、エッセイストの犬山紙子、作家の山内マリコ、小説家の青木祐子、女優・モデルの高橋愛、スクールゾーン 橋本稜、『あのこは貴族』の岨手由貴子監督より絶賛のコメントも到着した。

国際化へと激変する韓国社会や某企業の汚水流失事件などの実話を元にした物語

ポン・ジュノ監督作『グエムル-漢江の怪物-』で鮮烈な映画デビューを果たしたコ・アソンを主演に迎えた本作は、国際化へと激変する韓国社会や某企業の汚水流失事件などの実話を元にした物語。

熾烈な学歴社会の韓国では、どんな才能があっても高卒社員は大卒社員の雑用ばかり。そんな現実をうまく物語に落とし込みながら、会社の不正に立ち向かった女性たちの逆転劇を爽快に描き、韓国で権威ある映画賞のひとつ、第57回百想芸術大賞の映画部門で作品賞を見事受賞した。

今回解禁となったキャラクター映像では、物語をけん引する個性豊かなサムジン電子の面々たちを紹介している。

『グエムル-漢江の怪物-』、『スノーピアサー』のコ・アソン演じるドロシーこと主人公イ・ジャヨンは、“コーヒー10杯を12秒でつくれる”という特技をもち、大卒なのに頼りないチェ・ドンス代理を助け、アン・ギチャン課長にコピー&ペーストを教えるなど生産管理3部を影で支える業務のプロフェショナル。

イ・ソム演じるマーケティング部のミッシェルことチョン・ユナは、アイディアにすぐれているが、それを会議で発言する機会もなく部内のチョ・ミンジョン代理に盗まれることも。ミステリー・推理小説マニアならではの推理力で不正を暴こうとする。

さらに、『スウィング・キッズ』のパク・ヘスが演じるのは会計部のシルビアことシム・ボラム。数学大会の優勝歴を持つ数学の天才だが、業務は領収書の値段をごまかし処理をすること。

そんな彼女たちが会社が隠蔽した不法汚染排出を知ったことをきっかけにそれぞれの得意分野を生かし、真相解明に奔走する。ほかボンクラ常務や新任社長など、自らの解雇を顧みず不正に立ち向かう3人たちを取り巻くキャラクターたちも曲者ばかりだ。

「最高のフェミ・エンタメ映画! これこそ観たかったやつ!!!」

コ・アソンは本作撮影を振り返り、「最初にこの映画の話の説明を受けたとき、 “90年代の女性たちが戦う話”とききました。イ・ジャヨンという私の役だけでなく、登場するキャラクターすべてが魅力的だと思いました。私自身、元気をもらえて一日を誠実に過ごせる映画が好きなのですが、今回の撮影ではこの作品もそんな映画になればと思って、ポジティブな気持ちをたくさん込めました」と語っている。その言葉どおり、劇中のジャヨンたちの姿に魅了されること間違いなしだ。

さらに、本作を公開に先駆けて鑑賞した各界の著名人からは絶賛の声が続々。犬山紙子は「“ジャヨン、ユナ、ボラム、一緒に戦った女たち、大っ好きだ!!”尊さを噛み締めながら、シスターフッドを胸いっぱい吸い込みました」と本作への愛情を語り、高橋愛は「これが実話なのかと思うと震えるような問題でしたが、ラストスパートにかけての、この気持ち良さ!本当にスッキリしました!!!」と熱い言葉を寄せる。

さらに門脇麦、水原希子共演で話題となった『あのこは貴族』の原作者でもある作家の山内マリコは「最高のフェミ・エンタメ映画! これこそ観たかったやつ!!!『グエムル-漢江の怪物-』のあの子にこんな未来が待ってたなんて泣いちゃうじゃないですか」と絶賛。

監督の岨手由貴子も「“教育”と“連帯”が女性を救う物語に、胸が熱くなりました」と語るなど、本作に登場する主人公たちへの共感の声続々到着! 彼女たちの奮闘を劇場で確かめよう。

各界の著名人からのコメント (敬称略・順不同)

「ジャヨン、ユナ、ボラム、一緒に戦った女たち、大っ好きだ!!」
尊さを噛み締めながら、シスターフッドを胸いっぱい吸い込みました。
犬山紙子(エッセイスト)

最高のフェミ・エンタメ映画! これこそ観たかったやつ!!! 
『グエムル-漢江の怪物-』のあの子にこんな未来が待ってたなんて泣いちゃうじゃないですか。
山内マリコ(作家)

「そういうものだ」と思ってしまえば楽なのはわかっている。
でも思いたくない、思わないでいることを選んだ。可愛く強い、普通の女性たちの映画だと思います。
青木祐子(小説家)

実話を基にした作品で高卒女性社員が力を合わせて事実を隠蔽する会社を相手に解雇の危険を顧みずに力を合わせ真相解明に向けて奔走します。ファッションやメイク小道具なども当時を再現すべくこだわっており、悪に立ち向かう姿に心打たれて僕も頑張ろう!と思える映画だったので皆さんに劇場でチンチャ観て欲しいです!
スクールゾーン 橋本稜(芸人)

これが実話なのかと思うと震えるような問題でしたが、ラストスパートにかけての、この気持ち良さ!本当にスッキリしました!!!
そして、私的に最後の場面でユナがある女性に発した、あのセリフがカッコ良すぎて!最高でした!まるで、自分が言ってやった!みたいな爽快感を得られました♡
みなさんにも、是非味わってもらいたいです!
高橋愛(女優・モデル)

“教育”と“連帯”が女性を救う物語に、胸が熱くなりました。
よく食べて、よく学ぼう!
自分をエンパワーメントするために。
岨手由貴子 (映画監督)

作品情報

サムジンカンパニー1995
7月9日(金)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー

【STORY】
1995年、ソウル。大企業サムジン電子に勤める高卒の女性社員たちは実務能力は完璧ながら、主な仕事はお茶くみや書類整理など、大卒社員のサポートばかり。しかしそんな彼女たちにもチャンスがやってくる。社の方針でTOEIC600点を超えたら、「代理」という肩書を与えられることになったのだ。そうすればもっと活躍の場が増えるはず! ステップアップを夢見ながら英語の勉強に勤しむ女性社員のひとり、ジャヨンはある時、会社の工場から汚染水が川に流出しているのを目撃する。その証拠を隠蔽しようとする会社に、ジャヨンと同僚たちは解雇の危険も顧みず、力を合わせて真相解明に向けて奔走する――。

出演:コ・アソン『グエルム-漢江の怪物-』 イ・ソム『愛のタリオ』 パク・ヘス『スウィング・キッズ』
監督:イ・ジョンピル『花、香る歌』
2020年/韓国/110分/シネスコ/5.1ch/原題:삼진그룹 영어토익반/字幕翻訳:小西朋子/提供:ツイン、Hulu/ 配給:ツイン

© 2020 LOTTE ENTERTAINMENT & THE LAMP All Rights Reserved.

公式サイト samjincompany1995.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事