1994年生まれの新たな才能エリ・グラップ監督が革命真っ只中のウクライナを描き、第74回カンヌ国際映画祭でSACD賞を受賞した『オルガの翼』(9月3日公開)の日本版予告編と新規場面写真が解禁された。

「わたしは跳ぶ、この痛みを刻み付けて。」のコピーには彼女の生きていく覚悟が表現される

本作はウクライナで起きた市民運動「ユーロマイダン革命」を背景に、運命に翻弄されるウクライナ人体操選手のオルガを描く物語。「ユーロマイダン革命」とは2013年11月に首都キーウにある独立広場に市民が集まり出したことをきっかけにした市民運動で、2014年2月に親ロシア派のヤヌコーヴィチ大統領の追放へとつながった。革命の結果、東部2州は独立を「宣言」し、2022年2月にロシア軍が侵攻することになった。

ロシアがウクライナ侵攻を開始する9年前、2013年、ユーロマイダン革命直前のキーウ。欧州選手権出場を目指しトレーニングに励む15歳の体操選手オルガは、ヤヌコーヴィチ大統領の汚職を追及するジャーナリストの母と共に何者かに命を狙われる。身の安全のためウクライナを離れたオルガは、父の故郷スイスのナショナル・チームに。SNSを通じ、変わり果てた街や家族・友人が傷つく姿を遠くから見るしかないオルガ。しかし彼女も欧州選手権出場のため、ウクライナの市民権を手放さなければならず―。政情が刻々と変化しオルガの心は大きく揺れる。夢を持って祖国を離れた15歳の少女は、この苦境をどう切り抜けるのか。

このたび解禁された日本版予告編は、2013年からキーウで起こった市民運動、ユーロマイダン革命の本物の映像素材から始まる。

ウクライナ人体操選手のオルガは、親ロシアの大統領を批判する記者の母とともに命を狙われ、単身スイスへと避難し、現地のナショナル・チームに参加する。厳しい練習に耐えながら、故郷に残してきた家族や友人たちが傷ついていく様子を、国外から見守ることしかできず、心が引き裂かれるオルガの様子が映し出される。最後の「わたしは跳ぶ、この痛みを刻み付けて。」のコピーには彼女自身の身体と心の痛み、家族や友人たちの痛みを抱えて、生きていく覚悟が表現されている。

マイダン革命の映像は、全て実際にデモ参加者がスマートフォンで撮影した映像を使用。主人公オルガを演じるアナスタシア・ブジャシキナは2001年ルハンシク生まれ、欧州選手権出場歴のある本物のアスリート。彼女のほか、トップを目指す少女たちを国際大会出場レベルのプロのアスリートたちが演じている。体操シーンの撮影は練習のペースに合わせて行われ、ドキュメンタリーかと見紛うほどだ。少女たちの呼吸、情熱、目線、ためらい、ミスなど、競技の合間の繊細な表情も見事にすくい取っている。

1994年生まれ、スイス出身の新たな才能エリ・グラップは、初長編監督作にしてカンヌ国際映画祭SACD賞受賞の快挙! 今後、活躍が期待される若手監督である。 2015年、マイダン革命を経験したウクライナのバイオリン奏者による実話に深く心を動かされたグラップ監督は、2016年に脚本執筆をスタートさせ、5年の年月をかけて本作を完成させた。アメリカのエンタメ業界紙Varietyは「個人の野心と祖国への愛着。その狭間でもがく少女の葛藤を、見事に描いている。」と絶賛し、同じくSCREEN DAILYは「強烈な存在感。隅々まで主演アナスタシアのパワーに満ちている。」と現役アスリートである主演俳優に賛辞を送っている。主演のブジャシキナは、2022年2月のウクライナ侵攻を受け、危険な状況に晒されたため、スイスに移住するという、奇しくも映画の主人公と同じ状況になっている。

作品情報

オルガの翼
2022年9月3日(土)渋谷ユーロスペースほか全国順次公開

監督:エリ・グラップ
出演:アナスタシア・ブジャシキナ/サブリナ・ルフツォワ
2021年/フランス=スイス=ウクライナ/ウクライナ語・ロシア語・仏語・独語・伊語・英語/カラー/90分
日本版字幕:額賀深雪 字幕監修:梶山祐治

提供:パンドラ+キングレコード 配給:パンドラ

© 2021 POINT PROD - CINÉMA DEFACTO

公式サイト www.pan-dora.co.jp/olganotsubasa

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事