極限の監禁状態からの脱出劇を描いたリアル・サスぺンス・アクション『人質 韓国トップスター誘拐事件』(9月9日公開)より、監禁中のファン・ジョンミンに起きた“緊急事態”を収めた本編映像が解禁された。

「アクションというよりも生きるために闘うような感じだ」

『哭声/コクソン』『アシュラ』など出演作ごとに全く違う顔を見せ、韓国では主演作の累計観客動員が1億人を超える “1億俳優”と呼ばれる人気俳優ファン・ジョンミン。本作は、彼本人が“ファン・ジョンミン”を演じるというセンセーショナルな設定で話題を呼び、2021年の公開時には韓国中で話題騒然となったリアル・サスぺンス・アクション。「イカゲーム」のイ・ユミ、「梨泰院クラス」のリュ・ギョンスなど若手最注目俳優も共演。ファン・ジョンミンのキャリア“集大成”というべき入魂の一作だ。

今回解禁された本編映像は、監禁中のファン・ジョンミンが心臓病を発症するシーン。 「どうしよう…死んだかも」そう呟くパク・ソヨン(イ・ユミ)の視線の先には、よだれを垂らしながら白目を剥き、放心状態のファン・ジョンミンの姿が。

その姿を見て、誘拐犯の一人ヨンテ(チョン・ジェウォン)はパニック状態に。小心者のヨンテは、ソヨンに言われるがままにジョンミンの拘束を解くとジョンミンは椅子から転げ落ち、その場に倒れ込んでしまう。慌てふためいたヨンテが、人工呼吸を試みたその時…意識を失っていたはずのジョンミンが急に目を覚まし、手に握っていたガラスの破片でヨンテに立ち向かう──そう、それは全てジョンミンの体当たりの“熱演”だったのだ!

唯一無二の演技力を駆使して見事誘拐犯を撃退したファン・ジョンミン。このままソヨンと一緒に無事に逃げ切ることができるのか!? この後の展開が気になる映像となっている。

本作の脚本を読んだ時の感想についてファン・ジョンミンは「当然、脚本はとても面白く読んだ。ただ、心配な部分もあった。重要なのは僕が主人公として出るこの映画に人質として捉えられるという点で、一つの空間の中で僕がどんなふうに話をうまくリードしていけるかという悩みが大きかった」と話す。

また、本作では見応えのあるアクションシーンが多く登場するが、アクションシーンを撮る上で事前に準備したことや苦労した点については「アクションというよりも生きるために闘うような感じだ。既存に見せてきたアクションのように型を合わせて行うアクションではなく、一人の男が誘拐され、生きたいがために闘う、そんなエネルギーを与えることができたらと思ってアクション監督ともたくさん話し合った」と語っている。

さらに「その過程で少しつらかったのは裸足という点だった。靴を履かずに裸足でのシーンはとても辛かった」とアクションシーン撮影中の苦労話も。“トップスター”ファン・ジョンミンの迫真の演技に注目の『人質 韓国トップスター誘拐事件』は9月9日(⾦) シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋⾕ほか全国ロードショー。

作品情報

人質 韓国トップスター誘拐事件
2022年9月9日(⾦) シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋⾕ほか全国ロードショー

STORY
記者会見からの帰宅途中、韓国の有名俳優ファン・ジョンミンが突然拉致された。パイプ椅子に縛りつけられた状態で意識を取り戻したジョンミンは、自分が大金目当で誘拐されたことを知る。しかもゲームを楽しむように彼を誘拐した若者たちは、ソウルを震撼させている猟奇殺人事件を起こした凶悪集団だった。

監督:ピル・カムソン
出演:ファン・ジョンミン『ただ悪より救いたまえ』 イ・ユミ「イカゲーム」 リュ・ギョンス「梨泰院クラス」

2021年/韓国/韓国語/94分/シネスコ/5.1ch/原題:인질/字幕翻訳:根本理恵/提供:ツイン、Hulu/配給:ツイン/G

© 2021 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K & SEM COMPANY. All Rights Reserved.

公式サイト HITOZITI-MOVIE.COM

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事