『ジョン・ウィック』のスタッフが仕掛けるリベンジ・アクション大作『ザ・コントラクター』(10月7日公開)で主演を務めるクリス・パインのインタビュー動画が解禁された。

「身体づくりのため、たくさんトレーニングしました」

本作はJ・J・エイブラムス版『スター・トレック』映画シリーズで若きキャプテン・カークを演じたクリス・パインが、元最強特殊部隊の請負人(コントラクター)を演じ、世界を揺るがす陰謀に隠された真実を暴くリベンジ・アクション。アカデミー賞ノミネート作『最後の追跡』でもクリスと共演したベン・フォスターや、「24 -TWENTY FOUR」シリーズのキーファー・サザーランド、曲者役の多い名バイ・プレイヤーのエディ・マーサンなど名優たちが脇を固める。

本作をプロデュースしたのは『ジョン・ウィック』シリーズの仕掛け人として賞賛を浴びたエリカ・リー、ベイジル・イヴァニク。両名の下、TV シリーズ「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」「ウエストワールド」でキャリアを積み、『The Nile Hilton Incident』(原題)でサンダンス映画祭ほか各国の映画祭で賞賛を浴びた新鋭タリク・サレーを監督に迎え、豪華キャストが織り成す陰謀と復讐の物語を壮大なスケールで映画化した。

今回到着した動画は、『スター・トレック』シリーズなど大作SFアクション映画でも主演を務め、ハリウッドスターとして確固たる地位を確立している俳優クリス・パインのスペシャルインタビュー。

元最強特殊部隊員という経歴を持っている本作の主人公・ジェームスの役づくりについて「多くのアクションシーンがあったので、身体づくりのため、たくさんトレーニングしました」と明かし、動画内では素晴らしい上腕二頭筋も披露。続けて、「射撃場で、銃の扱い方や、複数人と戦う訓練、泳ぎの練習、元陸軍特殊部隊員のアドバイザーと役への理解を深めていった」と本作ではハラハラ・ドキドキの見応えのあるアクションシーンが続くことをアピールしている。

また本作の魅力についての質問には、開口一番「非常に魅力のあるジャンルだと思う」と断言する。「人が生きるか死ぬかの状態にいるのを、皆さんは好きですから。昔から人気のジャンルで、大きな逆境や圧力と立ち向かい生き残ることは、人生において最も大事なことです」と言い、「だから皆さん観たくなるんです。どのようにして生き残るのか」と自信作の魅力を語っている。

『ザ・コントラクター』は10月7日(金)新宿バルト9他、全国公開。

作品情報

ザ・コントラクター
2022年10月7日(金)新宿バルト9他、全国公開

【CAST & STAFF】
出演:クリス・パイン、ベン・フォスター、エディ・マーサン、キーファー・サザーランド ほか
監督:タリク・サレー/脚本:J・P・デイヴィス/製作:エリカ・リー、ベイジル・イヴァニク
2022年/アメリカ/英語/シネスコ/5.1ch/104分

MOTION PICTURE ARTWORK © 2022 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事