クリス・パイン主演、『ジョン・ウィック』のスタッフが仕掛けるリベンジ・アクション大作『ザ・コントラクター』(10月7日公開)の日本オリジナル予告編&場面写真が解禁された。

「報酬は破格だがこの任務はヤバい」

本作は超豪華キャスト&一流スタッフらが新たに仕掛けるリベンジ・アクション大作。主演を務めるのは『スター・トレック』シリーズや『ワンダーウーマン』シリーズなど、大作、SF、アクションへの出演が続くクリス・パイン。米国特殊部隊グリーンベレー出身の軍事アドバイザーによる徹底的な訓練にも耐え、鍛え抜かれた肉体を駆使したリアルなアクションを披露し、元特殊部隊員役を見事に演じる。さらにはアカデミー賞ノミネート作『最後の追跡』でもクリスと共演したベン・フォスターや、「24 -TWENTY FOUR」シリーズのキーファー・サザーランド、曲者役の多い名バイ・プレイヤー、エディ・マーサンなど名優たちが脇を固める。

本作をプロデュースしたのは、キアヌ・リーヴス主演のノンストップ・キリングアクション映画『ジョン・ウィック』シリーズの仕掛け人として賞賛を浴びたエリカ・リー、ベイジル・イヴァニク。両名の下、TVシリーズ「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」「ウエストワールド」でキャリアを積み、『The Nile Hilton Incident』(原題)でサンダンス映画祭ほか各国の映画祭で賞賛を浴びた新鋭タリク・サレーを監督に迎え、豪華キャストが織り成す陰謀と復讐の物語を壮大なスケールで映画化した。

今回完成した日本オリジナル予告編では、“国家に忠誠を誓った世界最強の兵士”というナレーションに乗せて、本作の主人公であるエリート特殊隊員のジェームス(クリス・パイン)が登場。上官から「君はクビだ。退職金と恩給は支給しない」というショッキングなシーンと共に、妻と幼い子供も現れて、ジェームス家が困窮している事を表現する。

絶望に打ちひしがれている一家の元に、一本の電話がかかる。「君の腕を見込んで、頼みたいことがある」という誘いが届くと、民間軍事組織のボス・ラスティ(キーファー・サザーランド)が出現して、危険な依頼内容を説明する。「報酬は破格だがこの任務はヤバい」という宣告の通り、“生物兵器のデータを奪う”という極秘任務を受けるジェームスだったが、身の危険を脅かすトラブルに巻き込まれていく事になる…。

“無事に任務を完了するはずだった…”と映像内で語られるように、上手くいっていた任務だったのにも関わらず、何者かの罠にはまってしまい、警官隊の弾雨を浴びせられたり、ドイツ・ベルリンの橋の上では、バイクに乗りながら銃を撃ってくる危険な人物に狙われたりと、ハリウッド映画らしいド派手なアクションシーンが展開されていく。

“『ジョン・ウィック』のスタッフが仕掛けるリベンジ・アクション”というナレーションが耳に残り、“ジェームス独りぼっちの闘い”がどう展開していくのか、本作のストーリーと迫力が十二分に伝わる予告編となっている。

同時に解禁となった場面写真では、主演を務めるクリス・パインが銃を構える姿や軍服姿の逞しい姿も披露。さらにスーツ&サングラス姿でキメた端正な顔立ちのベン・フォスターや機関銃が似合うキーファー・サザーランド、曲者役の多い名バイ・プレイヤー、エディ・マーサンといった、円熟した俳優陣の姿も切り取られている。

『ザ・コントラクター』は10月7日(金)新宿バルト9他、全国公開。

作品情報

ザ・コントラクター
2022年10月7日(金)新宿バルト9他、全国公開

【CAST & STAFF】
出演:クリス・パイン、ベン・フォスター、エディ・マーサン、キーファー・サザーランド ほか
監督:タリク・サレー/脚本:J・P・デイヴィス/製作:エリカ・リー、ベイジル・イヴァニク
2022年/アメリカ/英語/シネスコ/5.1ch/104分

MOTION PICTURE ARTWORK © 2022 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事