チャイ売りの少年が映画と出会い、やがて世界で活躍する映画監督になるという驚くべき物語を監督自身が映画化したインド映画『Last Film Show』が邦題『エンドロールのつづき』として2023年1月20日(金)新宿ピカデリー他全国公開されることが決定した。

「これは現代版“ニュー・シネマ・パラダイス”だ」

サマイは9歳のチャイ売りの少年。彼が恋に落ちたのは“映画”だった―。本作は珠玉のインド映画の数々が彩る、実話から生まれた感動作。トライベッカ映画祭ほか、世界中の映画祭で5つの観客賞を受賞し、さらにバリャドリード国際映画祭では最高賞にあたるゴールデンスパイク賞をインド映画として初めて受賞するなど、世界中の映画祭から喝采を浴びた。

“映画”への溢れんばかりの愛情を込めて本作を監督したのは、インド出身で今や国を超えて活躍するパン・ナリン。リュミエール兄弟、スタンリー・キューブリックなど、監督が敬愛する巨匠たちへのオマージュがちりばめられ、自らの才能で未来を照らす光を追い続ける少年の姿に、誰もが無邪気な幼少期を思い出すような、幸せで希望あふれる物語が誕生した。

大きな夢を抱く主人公、チャイ売りの少年サマイ役には 3,000 人の中から選ばれた新たな才能、バヴィン・ラバリ。観客が一体となった映画館、スパイスたっぷりの手料理、陽気な音楽とダンス…どこか懐かしいインドの魅力満載の作品になっている。

9歳の少年サマイはインドの田舎町で、学校に通いながら父のチャイ店を手伝っている。厳格な父は映画を低劣なものだと思っているが、信仰するカーリー女神の映画は特別と、家族で街に映画を観に行くことに。人で溢れ返った映画館、席に着くと、目に飛び込んだのは後方からスクリーンへと伸びる一筋の光…そこにはサマイが初めて見る世界が広がっていた。

映画にすっかり魅了されたサマイは、再び映画館に忍び込むが、チケット代が払えずつまみ出されてしまう。それを見た映写技師のファザルがある提案をする。料理上手なサマイの母が作る弁当と引換えに、映写室から映画をみせてくれるというのだ。サマイは映写窓から観る色とりどりの映画の数々に圧倒され、いつしか「映画を作りたい」という夢を抱きはじめるが―。

このたび解禁されたポスタービジュアルでは、薄暗い映画館で体育座りをして、明るく照らしだされたスクリーンを笑顔で見つめる、映画にすっかり心を奪われた主人公のサマイと、夕暮れのインドの街に浮かび上がるサマイにとって希望の光となった映画館「GALAXY」のネオンが印象的な風景の 2 枚の写真が使用されている。

あわせて解禁された30秒の特報映像では、インドの田舎町でチャイ売りをしながら生活しているキュートなサマイが登場!「父さんのような負け犬になるなよ」と言われながらも、9 歳らしいあどけなさと賢さを持つサマイが恋に落ちたのは――。

周りの大人や仲間たち、そして家族に見守られながら、「映画を作りたい」という大きな夢を抱いた少年の実話から生まれた珠玉の感動作。「これは現代版“ニュー・シネマ・パラダイス”だ」(UNDER THE RADAR)とメディアからも絶賛を浴びている。

作品情報

エンドロールのつづき
2023年1月20日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネリーブル池袋 他全国公開

監督・脚本:パン・ナリン 出演:バヴィン・ラバリ
2021 年/インド・フランス/グジャラート語/112 分/スコープ/カラー/5.1ch/英題:Last Film Show/日本語字幕:福永詩乃 G 応援:インド大使館 配給:松竹

ALL RIGHTS RESERVED ©2022. CHHELLO SHOW LLP

公式サイト movies.shochiku.co.jp/endroll

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事