『親愛なる日記』『息子の部屋』のイタリアの巨匠ナンニ・モレッティ監督がイスラエルのベストセラー小説を映画化した『3つの鍵』(9月16日公開)の本編抜粋映像が解禁された。映画の始まりとなる、衝撃的な自動車事故のシーンだ。また、本作にフリーアナウンサーの久米宏ら著名人から絶賛コメントが寄せられた。

「監督の腕の冴えに嫉妬を覚えます」

「モレッティの大いなる帰還」「開かれた世界への招待」と海外メディアからも高い評価を受けた本作は、イスラエルの作家エシュコル・ネヴォ「Three floors up」の原作舞台をローマに移し、3つの物語を3つの時間を軸に再構成した作品。ローマの高級住宅街にあるアパートに暮らす3つの家族が、ひとつの事故をきっかけに、扉の向こうに隠している素顔が露になり、それぞれの選択がもたらす運命の行方が描かれる。モレッティ監督自らも3階に住む裁判官の父ヴィットリオを演じ、母ドーラ役には『夫婦の危機』からモレッティ作品の常連マルゲリータ・ブイ、1階の住人は『あしたのパスタはアルデンテ』のリッカルド・スカマルチョ、2階の住人に『幸福なラザロ』のアルバ・ロルヴァケルら、イタリア映画界を牽引する演技派俳優たちが豪華競演。リアリティを出すためと監督が語る抑制された演技で、濃密な時間を生み出した。

このたび解禁された本編抜粋映像は、3階に住むアンドレア(アレッサンドロ・スペルドゥティ)が、ある夜車で事故を起こし、1階の壁に激突。父のヴィットリオ(ナンニ・モレッティ)と母ドーラ(マルゲリータ・ブイ)が、車の中で呆然とするアンドレアの元へ駆け寄るという、映画のはじまりのシーンだ。

驚きに目を見開き、息をのむ少女。車が1階を突き破り、部屋に佇む少女の前で停止したのだ。運転席には、血を流しながら青ざめた表情のアンドレアが座っている。ヴィットリオとドーラが、アパートの門から寝間着姿のまま飛び出し、事故現場に走り寄る。壊れた壁から外に出てきたルーチョが、慌てふためくふたりに「大丈夫だ、心配ない」とアンドレアの様子を伝える。ヴィットリオはその言葉を聞くと、「女性の様子を見てくる」と車の中を覗きもせず、うろたえるドーラを置いて道路の方へと歩いていく。アンドレアの車は、道路を歩く女性を跳ねたあとアパートの 1 階の壁に激突したのだ。

ドーラが車の運転席へ近づきアンドレアに「大丈夫?」と話しかけると、アンドレアは「パパもいる?どこ?」と父の存在を気にしている。「女の人の様子を見に」とドーラが答えると、彼は「女の人?」と事故の記憶がなく動揺する。ドーラはアンドレアを落ち着かせようとするが、彼は「来させないで、お願い」と懇願。アンドレアの言葉に戸惑いながら、ドーラは夫ヴィットリオを探す。

衝撃の事故によって、父と息子の不穏な関係、母が男たちの間で板挟みになる様が映し出される。被害にあった女性と、加害者となった 3 階に住む家族、そして事故を目撃し巻き込まれる形となったアパートの住人たち、それぞれの運命はこのあとどうなっていくのか…。スリリングで緊迫感のある場面が、このあとの展開を期待させる映像となっている。

また、本作をいち早く鑑賞した久米宏(フリーアナウンサー)、斎藤学(精神科医)、中江有里(女優・作家・歌手)から映画への絶賛コメントが寄せられている。コメントは以下の通り。

『3つの鍵』は9月16日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、UPLINK吉祥寺ほか全国ロードショー。

著名人の本作への絶賛コメント (敬称略・順不同)

監督の腕の冴えに嫉妬を覚えます
評判の板前がいるという寿司屋
のれんをくぐってカウンターの前にゆったりと座る
これがこの作品を鑑賞する心構えです。
久米宏(フリーアナウンサー)

幸福は美しいものとは限らない。
失って初めてわかるのが、本当の幸福だと教えてくれた。
中江有里(女優・作家・歌手)

冒頭、観客は次々に映される意味不明で衝撃的な「現在」に直面させられる。
話は 5 年後、10 年後へと進み、当初感じた混乱と絶望が、静かな諦念と希望に終わる後味に陶酔した。
斎藤学(精神科医)

作品情報

3つの鍵
2022年9月16日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、UPLINK吉祥寺ほか全国ロードショー

STORY
ある夜、建物に車が衝突し女性が亡くなる。運転していたのは3階に住むジョバンニとドーラの裁判官夫婦の息子アンドレアだった。同じ夜2階のモニカは陣痛が始まり、夫が長期出張中のためたった一人で病院に向かう。仕事場が事故で崩壊した1階のルーチョとサラの夫婦は、娘を朝まで向かいの老夫婦に預けた。後日、認知症の老夫と娘が行方不明になりルーチョは娘に何か起きたのではと疑念を持ち始める。

第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式上映
監督・脚本:ナンニ・モレッティ『息子の部屋』『ローマ法王の休日』 原作:エシュコル・ネヴォ
出演:マルゲリータ・ブイ『ローマ法王の休日』、リッカルド・スカマルチョ『あしたのパスタはアルデンテ』、アルバ・ロルヴァケル『幸福なラザロ』、ナンニ・モレッティ
2021年/119分/イタリア・フランス映画/原題:Tre piani/ 字幕:関口英子/ 後援:イタリア大使館/特別協力:イタリア文化会館/配給:チャイルド・フィルム

© 2021 Sacher Film Fandango Le Pacte

公式サイト child-film.com/3keys

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事