本年度アカデミー賞の台風の目となっている話題作『コーダ あいのうた』(1月21日公開)より、主人公の少女ルビーが合唱部の男子と名曲「You're All I Need To Get By」をデュエットするシーンの本編映像が解禁された。初々しくも伸びやかな2人の歌声が優しく響く、心癒されるシーン映像だ。

合唱部の秋のコンサートで歌うデュエット曲を練習するシーン

本作は、サンダンス映画祭で上映されるや、世界のバイヤーがその権利に殺到し、史上最多受賞&史上最高額落札のニュースで世界を沸かせた感動作。2015年に日本でも公開されたフランス映画『エール!』のハリウッド版リメイクだ。「CODA(コーダ)」とは、Children of Deaf Adults=“耳の聴こえない両親に育てられた子ども”の意。また、音楽用語としては、楽曲や楽章の締めを表す=新たな章の始まりの意味も併せ持つ。

海の町で、耳の聞こえない両親と兄と暮らすルビー(エミリア・ジョーンズ)は、幼い頃から家族の“通訳”となり、家業の漁業を毎日欠かさず手伝っていた。高校で合唱クラブを選択したルビー。彼女の歌の才能に気づいた顧問が、都会の名門音楽大学の受験を強く勧める。だが、夢よりも家族の助けを続けることを選ばざるを得ない彼女は…。

今回解禁された映像は、主人公の少女ルビーと合唱部の男子マイルズ(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)が、合唱部の秋のコンサートで歌うデュエット曲を練習する様子を捉えたシーン。

放課後、練習のためにルビーの家に集まったものの、ふたりは「ごめんなさい、なんだか変な感じ」「どこを見れば?」とぎこちない様子。実は、秘かにマイルズ憧れていたルビーは、初めての2人きりの時間にどうしても動揺を隠せない。そこでマイルズは「背中合わせでやってみる?」と提案。やがて、ふたりは少しずつ息を合わせて歌っていく。

歌うのは、マーヴィン・ゲイ&タミー・テレルによる美しい楽曲「You're All I Need To Get By」。ふたりの優しい歌声が耳に心地いい、本作の名シーンの一つだ。

『コーダ あいのうた』は1月21日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。また本作は特別制作された「バリアフリー字幕版」も全国の劇場で一⻫上映されることが決まっている。

作品情報

コーダ あいのうた
2022年1月21日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

監督・脚本:シアン・ヘダー 出演:エミリア・ジョーンズ「ロック&キー」、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ『シング・ストリート』、マーリー・マトリン『愛は静けさの中に』
原題:CODA|2021年|アメリカ・フランス・カナダ|カラー|ビスタ|5.1chデジタル|112分|字幕翻訳:古田由紀子|PG12 

配給:ギャガ GAGA★

© 2020 VENDOME PICTURES LLC, PATHE FILMS

公式HP:gaga.ne.jp/coda

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事