ライトハウス』『ウィッチ』で知られる“A24 が生んだ鬼才”ロバート・エガース監督初のアクション大作『The Northman』が『ノースマン 導かれし復讐者』の邦題で2023年1月に日本公開されることが決定した。あわせてティザービジュアル&特報も解禁された。

北欧の壮大な大地を舞台に繰り広げられる、一人の男の心震える復讐の旅路

本作は、A24発の鬼才ロバート・エガース監督による北欧を舞台に繰り広げられるヴァイキングの壮大な物語であり、監督にとって初のアクション大作。北米では今年4月に公開され5週連続TOP10入りを果たし(Box Office Mojo 調べ)、監督のキャリア史上最高の成績を収めた。

米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では89%フレッシュを記録し(2022年9月現在)、過去作に続き高評価を獲得。これまでのインディペンデント界での成功、そして本作でも成功を収め、人気・実力ともに地位を確立。今もっとも映画界での期待を集める監督と言っても過言ではない。

さらに本作では超豪華キャストが集結。『ライトハウス』のウィレム・デフォー、『ウィッチ』のアニャ・テイラー=ジョイとの再会だけではなく、主演にスウェーデン出身のアレクサンダー・スカルスガルドを迎え、ニコール・キッドマン、クレス・バング、イーサン・ホーク、さらにはビョークというスペシャルな競演が実現した。北欧神話に登場するキャラクターたちを表現する彼らの演技にも期待が高まる。

物語は、運命に導かれた男の、心震える復讐の旅路を描いている。ある日、父であり国王オーヴァンディルを目の前で殺された若き王子アムレートは「いつか必ず、父の仇を討ち、母を救い出す」と誓い、たった一人祖国を逃れる。数年が経ち、導かれるように祖国にたどり着いたアムレートは、己の運命と対峙することになる——。一人の男の復讐の旅路を、アレクサンダー・スカルスガルドの豪快なアクションと、ロバート・エガース監督ならではの圧倒的な映像美で魅せる、この冬、体感すべき「没入感 MAX」のリベンジ・アクション・エンターテインメントだ。

また本作は、10月24日(月)より開幕する第35回東京国際映画祭「ガラ・セレクション部門」にてジャパンプレミア上映が決定。続報・詳細は、映画祭 HP(https://2022.tiff-jp.net/ja/)にて発表される。

作品情報

ノースマン 導かれし復讐者
2023年1月、全国公開

STORY
若き王子アムレート(アレクサンダー・スカルスガルド)は、父であり国王オーヴァンディル(イーサン・ホーク)を叔父フィヨルニル(クレス・バング)に殺害され、母であるグートルン王妃(ニコール・キッドマン)も誘拐された。アムレートは、父の復讐と母の救出を誓い、たった一人ボートで島を脱出する。数年後、怒りに燃えるアムレートは、東ヨーロッパ各地で略奪を繰り返す獰猛なヴァイキング戦士の一員となっていた。ある日、預言者(ビョーク)と出会い己の運命と使命を思い出す。奴隷に変装したアムレートは、親しくなった白樺の森のオルガ(アニャ・テイラー=ジョイ)たちと共にフィヨルニルが経営している農場があるアイスランドを目指すー。

監督:ロバート・エガース『ライトハウス』『ウィッチ』 脚本:ロバート・エガース、ショーン『LAMB/ラム
出演:アレクサンダー・スカルスガルド『ゴジラ vs コング』『ターザン:REBORN』、ニコール・キッドマン『スキャンダル』『ある少年の告白』、クレス・バング『ザ・スクエア 思いやりの領域』、アニャ・テイラー=ジョイ『ラストナイト・イン・ソーホー』『ウィッチ』、イーサン・ホーク『ブラック・フォン』、ビョーク、ウィレム・デフォー『ラストハウス』

2022 年/アメリカ/カラー/ビスタ/英語・古ノルド語/原題:The Northman/137 分/PG12/字幕翻訳:松浦美奈

配給:パルコ ユニバーサル映画

© 2022 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

公式サイト northman-movie.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事