アカデミー賞®ノミネート作品『砂と霧の家』のヴァディム・パールマンが監督を務めた『ペルシャン・レッスン 戦場の教室』(11月11日公開)の予告編&ポスタービジュアルが解禁された。

自らの記憶だけで命をつなごうとした囚人の運命を描く、魂ゆさぶる衝撃作

本作は第二次世界大戦中、数百万のユダヤ人大虐殺(ホロコースト)が行われたナチス・ドイツの強制収容所を舞台に、ユダヤ人の青年がペルシャ人になりすまし、ナチスの将校に「架空のペルシャ語」を教えることで生き延びようとする衝撃作。

今回解禁された予告編は、ユダヤ人青年のジルが収容所に輸送されている際、ある一冊の本を受け取るところから始まる。

その本はペルシャ語が書かれてもので、“Bawbaw”は父の意味だと教えてもらう。ドイツ軍に同胞が殺されていくなか、「ユダヤ人じゃない!私はペルシャ人です!」と偽ることで何とか生き長らえる。収容所に連れて行かれたジルは、大尉からペルシャ語で“母”は何と言うかと尋ねられ、咄嗟に“アンタ”と嘘をつく。ペルシャ語を勉強したいと思っていた大尉は「仕事の後 言葉を教えに来い」とジルに命令をする。

こうして大尉とジルの“偽のペルシャ語レッスン”が始まった。ジルは仕事の傍らで架空の言語を創作するが、数が増えるに従い、覚えることの大変さを痛感する。通算で 1500 語以上の単語を覚えた大尉はジルに詩を披露するなど、二人は奇妙な信頼関係は築き上げているように思えたが、周りの兵士は「あの男は信用できない」と疑いの目を止めない。果たして、ジルの嘘は見破られるのだろうか─?

あわせて解禁となったポスタービジュアルは、ジルと大尉が向き合って、“偽”のペルシャ語レッスンを行っている様子が切り取られている。そして、ビジュアルの下半分には二人の眩いシーンとは対照的に、連行されたユダヤ人たちの絶望的な表情が映し出されている。強制収容所での過酷な状況の中、偽の語学レッスンで何とか生き延びようとする、一筋の希望の光を感じことのできるビジュアルとなっている。

『ペルシャン・レッスン 戦場の教室』は11月11日(金)より kino cinéma 横浜みなとみらい他 全国順次公開。

作品情報

ペルシャン・レッスン 戦場の教室
2022年11月11日(金)より kino cinéma 横浜みなとみらい他 全国順次公開

監督:ヴァディム・パールマン 出演:ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート、ラース・アイディンガー、ヨナス・ナイ、レオニー・ベネシュ

2020 年|ロシア、ドイツ、ベラルーシ|ドイツ語、イタリア語、フランス語、英語|129 分|カラー|シネスコ|5.1ch|原題:Persian Lessons|字幕翻訳:加藤尚子
|G 提供:木下グループ 配給:キノフィルムズ

HYPE FILM, LM MEDIA, ONE TWO FILMS, 2020 ©

公式サイト https://movie.kinocinema.jp/works/persianlessons

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事