イギリスの名匠ケン・ローチ監督作『わたしは、ダニエル・ブレイク』『家族を想うとき』が10月14日(金)から27日(木)の2週間限定で上映されることが決定した。

映画を通して、困難な現代社会で生きる私たちに手を差し伸べてきたケン・ローチ監督の名作

イギリスを代表する監督であるケン・ローチ。昨年末に日本でリバイバル公開され、話題となった『夜空に星のあるように』 (67)で長編映画監督デビューを果たし、2作目『ケス』 (69)では、カルロヴィヴァリ映画祭グランプリを受賞。その後、『麦の穂をゆらす風』 (06)、『わたしは、ダニエル・ブレイク』 (16)でパルムドールを二度受賞している名匠である。労働者や社会的弱者に寄り添った人間ドラマを描いてきた彼の作品は、舞台であるイギリスのみならず、世界中の観客の心に寄り添い続けてきた。

そんなケン・ローチ監督の傑作2作品のリバイバル上映が2週間限定で急遽決定。上映される作品は、複雑な社会制度に翻弄され、貧困に苦しみながらも助け合い生きていこうとするダニエルとケイティ親子との心の交流を描いた『わたしは、ダニエル・ブレイク』と、新自由主義が生み出した現代社会の歪みとその渦中で翻弄される家族の姿を映し出した『家族を想うとき』 (19)。新型コロナウイルスの拡大を経て、格差が広がり貧困問題が深刻化する“今この時代”に、1人でも多くの人へケン・ローチ監督の作品を届けたいという思いから今回の上映が実現した。

劇場は今回の2作品を封切りで上映し、長編監督デビュー作『夜空に星のあるように』も昨年上映した新宿武蔵野館。他、kino cinéma横浜みなとみらいでの上映が決定している。

映画を通して、困難な現代社会で生きる私たちに手を差し伸べてきたケン・ローチ監督。彼が作品に込めたメッセージをスクリーンで今体感できる貴重な機会となる。

『家族を想うとき 』
©Sixteen SWMY Limited, Why Not Productions, Les Films du Fleuve, British BroadcastingCorporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2019

『わたしは、ダニエル・ブレイク』
© Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve , British Broadcasting Corporation, France 2

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事