第20回トライベッカ映画祭審査員特別賞ほか世界で賞賛された話題作『ドライビング・バニー』がいよいよ明日9月30日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国公開。このたび、本作で主人公の姪役を演じている若手注目女優トーマシン・マッケンジーのインタビュー映像と新場面写真が解禁された。

「母国の映画産業に貢献したかった」

本作は、ワケありシングルマザーが繰り広げる奮闘と希望のミラクル・ロードムービー。離れて暮らす幼い娘のために、誕生日パーティを開いてあげたいという小さな願いを取り上げられた 40 歳のバニー(エシー・デイヴィス)。「家なし、⾦なし、仕事なし」のバニーは、救い出した姪トーニャ(トーマシン・マッケンジー)と共に、ルールもモラルも完全無視の“⼦ども奪還作戦”に突っ⾛る。

今回解禁されたのは、主人公バニーの姪トーニャを演じるトーマシン・マッケンジーのインタビュー映像。

トーマシン・マッケンジーは、タイカ・ワイティティ監督の『ジョジョ・ラビット』(20)、『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト監督によるタイムリープ・ホラー『ラストナイト・イン・ソーホー』 (21)、ジェーン・カンピオン監督の第94回アカデミー賞にて最多となる12ノミネートされた『パワー・オブ・ザ・ドッグ』(21)、M・ナイト・シャマラン監督作『オールド』(21)などに次々と出演し、ハリウッドでも活躍する若手実力派女優。

今後もジョン・クロウリー監督の TV シリーズ「Life After Life(原題)」、アン・ハサウェイと共演したスリラー「Eileen(原題)」、オリンピック体操選手ケリー・ストラグを演じるオリヴィア・ワイルド監督作 「Perfect(原題)」など話題作が目白押しで、いま最も注目される次世代女優の一人だ。

映像では、脚本を読んで「意味があり、語るに値する物語」だと思ったことや、「主人公、監督、撮影監督、編集者、プロデューサーも女性で、背景にある女性パワーに魅力を感じた」と出演を決意した心境を語る。

近年はハリウッドでも活躍するトーマシンだが、「母国の映画産業に貢献したかった」と、故郷ニュージーランドでの顔見知りとの撮影にリラックスした様子を見せ、映画監督の父と女優の母とも一緒に仕事をしたプロデューサーのエマ・スレイドとの仕事を喜んだ。

また「オークランドに住む姉に子供が生まれてワクワクしている」とプライベートな一面を覗かせる貴重なインタビュー映像となっている。

『ドライビング・バニー』は9月30日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国公開。

作品情報

ドライビング・バニー
2022年9月30日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国公開

STORY
ある事情から、妹夫婦の家に居候中のバニー。娘とは監視付きの⾯会交流しかできない。それでも、明るい笑顔と気の利いたトークで⾞の窓拭きをして必死に働いている。夢は娘の誕⽣⽇までに新居へ引っ越し、家族⽔⼊らずの⽣活を再開させること。そんなある⽇、妹の新しい夫ビーバンが継娘のトーニャに⾔い寄る光景を⽬撃。カッとなったバニーはビーバンに⽴ち向かうも、家を叩き出されてしまう。 「家なし、⾦なし、仕事なし」運の尽きたバニーは、救い出したトーニャと共に、ルールもモラルも完全無視の“⼦ども奪還作戦”に突っ⾛るー。

監督:ゲイソン・サヴァット
出演:エシー・デイヴィス(『ニトラム』(22)、『ベイビーティース』(19))
トーマシン・マッケンジー (『ラストナイト・イン・ソーホー』(21)、『パワー・オブ・ザ・ドッグ』(21))

2021年/ニュージーランド/英語/100分/シネスコ/5.1ch/原題: The Justice of Bunny King
日本語字幕:堀池明/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

© 2020 Bunny Productions Ltd

公式サイト bunny-king.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事