ラストナイト・イン・ソーホー』など話題作への出演が続く注目女優トーマシン・マッケンジー最新作『The Justice of Bunny King』が邦題『ドライビング・バニー』として9月30日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほかにて全国公開されることが決定した。なお本日7月26日はトーマシン・マッケンジーの誕生日。

絶望という言葉すらよぎる厳しいドラマを、ユーモアと茶目っ気たっぷりのロードムービーに転換

『ジョジョ・ラビット』(20) 、『オールド』(21)、『パワー・オブ・ザ・ドッグ』(21)『ラストナイト・イン・ソーホー』(21)など話題作に立て続けに出演し、ハリウッドの次世代を担う一人として注目されるトーマシン・マッケンジー。その最新作はニュージーランド発の「奮闘と希望」のロードムービー。

離れて暮らす幼い娘のために、誕生日パーティを開いてあげたい。そんな小さな願いを取り上げられた40歳のバニー(エシー・デイヴィス)。愛情豊かに子どもたちを育てた彼女は、複雑な家庭事情に苦しむ姪のトーニャ(トーマシン・マッケンジー)にも救いの手を差し伸べる。人生どん底状態でも情とウィットを忘れない彼女が、なぜ家庭支援局で立てこもり事件を起こしてしまったのか? これはセンセーショナルでエモーショナルな、母の宣戦布告!

経済的弱者が普通の家庭生活を送りたいと願うのは、高望みなのか。絶望という言葉すらよぎる厳しいドラマを、ユーモアと茶目っ気たっぷりのロードムービーに転換したのは、主人公バニーを演じたエシー・デイヴィス。『ベイビーティース 』(19)や、夫であるジャスティン・カーゼル監督作品『ニトラム』(22)でオーストラリア・アカデミー賞助演女優賞を受賞した実力派女優だ。トーマシン・マッケンジーはバニーの姪トーニャを演じている。

第20回トライベッカ映画祭審査員特別賞ほか世界で賞賛された話題作。米批評サイトのロッテントマトでは驚異の満足度100%を獲得している(2022年7月現在)。

作品情報

ドライビング・バニー
2022年9月30日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国公開

STORY
ある事情から、妹夫婦の家に居候中のバニー。娘とは監視付きの⾯会交流しかできない。それでも、明るい笑顔と気の利いたトークで⾞の窓拭きをして必死に働いている。夢は娘の誕⽣⽇までに新居へ引っ越し、家族⽔⼊らずの⽣活を再開させること。そんなある⽇、妹の新しい夫ビーバンが継娘のトーニャに⾔い寄る光景を⽬撃。カッとなったバニーはビーバンに⽴ち向かうも、家を叩き出されてしまう。 「家なし、⾦なし、仕事なし」運の尽きたバニーは、救い出したトーニャと共に、ルールもモラルも完全無視の“⼦ども奪還作戦”に突っ⾛るー。

監督:ゲイソン・サヴァット
出演:エシー・デイヴィス(『ニトラム』(22)、『ベイビーティース』(19))
トーマシン・マッケンジー (『ラストナイト・イン・ソーホー』(21)、『パワー・オブ・ザ・ドッグ』(21))

2021年/ニュージーランド/英語/100分/シネスコ/5.1ch/原題: The Justice of Bunny King
日本語字幕:江波 智子/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

© 2020 Bunny Productions Ltd

公式サイト bunny-king.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事