“特殊効果の神”といわれるフィル・ティペット監督作『マッドゴッド』が12月2日(金)、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開されることが決定した。あわせてポスタービジュアル&日本版予告&場面写真が一挙解禁された。

天才の執念と狂気が生み出した、地獄のディストピアを巡るダークファンタジー

スター・ウォーズ』『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズなど、誰もが知る名作の特殊効果の数々を手掛け、アカデミー賞を2度受賞、その後のSF作品に計り知れない影響を与えた巨匠フィル・ティペット。「人生にはフィル・ティペットが必要だ ―スティーヴン・スピルバーグ」、「巨匠であり、師であり、神だ ―ギレルモ・デル・トロ」、「彼以上のマスターはいない ―ポール・ヴァーホーヴェン」と、ハリウッドの錚々たる大物監督たちから敬愛を集める、ハリウッドの歴史の一端を担う人物だ。

今から約30年前、ティペットは『ロボコップ 2』(90)の撮影後に本作『マッドゴッド』のアイデアを閃き、地道に製作を続けていた。だが、『ジュラシック・パーク』(93)で時代が転換点を迎え、ティペットの代名詞である手作りの視覚効果から、業界が本格的にCG映像へと移行。「俺の仕事は絶滅した」とプロジェクトは中断された――。

それから20年後。ティペット・スタジオの若きクリエイターたちが倉庫を掃除しているときに奇跡的に当時のセットを発見し、彼らの熱望により企画が再始動。フィルは新世代のアーティストや職人に教え、愛情込めた作品を蘇らせたのだった。さらに、クラウドファンディングで世界中のファンからの応援も集まり、2021 年シッチェス映画祭で上映され、「世紀の傑作 - IndieWire」「こんな映画はかつてなかった - Los Angeles Times」「映画美術界へのねじ曲がった賛辞 - Film Threat」「まさしく愛の結晶 – AIPT」と絶賛、狂喜乱舞を呼んだ。CGの進歩に対抗して魂を貫いた巨匠の集大成、ひいては映画史に残る最高傑作が、ついに完成した。

「天国よりも地獄に惹かれる」と語る天才ティペットの潜在意識から溢れ出したのは、かつて誰も見たことのない暗黒世界。孤高のアサシンが荒廃した地底に潜り、拷問された魂、老朽化した地下壕、うごめく不気味なクリーチャーたちのあいだを巡っていく。グロテスクなその質感の全てに生命力と共感が宿っていることに、驚きを禁じ得ない。また、『レポマン』や『シド・アンド・ナンシー』で知られる映画監督のアレックス・コックスが、人類最後の男「ラストマン」に扮して出演。地獄の向こう側の狂気に到達したとき、あなたは何を目撃するのか。脳がゲシュタルト崩壊する、前人未踏の84分間を全身で体感せよ!

今回解禁されたポスタービジュアルのデザインは、『ミッドサマー』、『TITANE/チタン』、『LAMB/ラム』なども手掛けた人気グラフィックデザイナーの大島依提亜が担当。孤高のアサシンがランタンを掲げて降り立った、クリーチャーたちの棲む地底世界。「〈裏側の世界〉へ扉が開く――」というコピーが、まさにこれから始まる旅への不穏な期待を高めている。

また、あわせて予告編も解禁。まさにストップモーションの最高峰というべき、地獄のディストピアの圧倒的な世界観、細部までこだわり抜かれた緻密な造形の数々を垣間見ることができる。場面写真では、クリーチャーたちやアサシン、ラストマンことアレックス・コックスの姿も切り取られている。

きっと、あなたの人生で最狂の映画体験になる――!〈特殊効果の神〉が 30 年の時をかけて生み出した、執念と狂気の最高傑作の誕生だ。

作品情報

マッドゴッド
2022年12月2日(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

【STORY】
人類最後の男に派遣され、地下深くの荒廃した暗黒世界に降りて行った孤高のアサシンは、無残な化け物たちの巣窟と化したこの世の終わりを目撃する。

監督:フィル・ティペット 出演:アレックス・コックス
2021年/アメリカ/84分/1.78:1/カラー/5.1ch/原題:MAD GOD/日本語字幕:高橋彩/PG12 ©2021 Tippett Studio
提供:キングレコード、ロングライド 配給:ロングライド

©2021 Tippett Studio

公式サイト https://longride.jp/mad-god/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事