オーストラリアでロングランヒットとなったクライムサスペンス映画『渇きと偽り』(公開中)で主演を務めるエリック・バナのインタビュー映像が解禁された。

「自分の経験を重ね合わせて見る映画だと思う」

世界的ベストセラーとなったジェイン・ハーパーのデビュー作「渇きと偽り」(ハヤカワ文庫刊)を、オーストラリア最高峰の映画人たちが映画化した本作は、入念に仕組まれた伏線と意外な真相、そして過去と現在が巧みに交錯していく構成が観る者の心をひきつけ、米映画批評サイト Rotten Tomatoes では 91%の高評価(2022年9月現在)を記録している極上のサスペンス。

主演は本作が12年ぶりのオーストラリア映画主演となるエリック・バナ。そのほか脇を固めるのも、世界中の映画界や演劇界で活躍する実力派オーストラリア人俳優たち。巧妙なサスペンスを描きエンターテイメント作品として人々を魅了しながら、自然に恵まれた観光大国であるオーストラリアがいま直面している問題を生々しく世界に提示する骨太な意欲作でもある。多くの支持を集め、すでに続編も撮影開始されている話題のオーストラリア映画。

先週末から公開がスタートした『渇きと偽り』。SNS上には「巧妙な演出がいい」「切ない余韻が残り見応えがある」「派手さはないが手堅い佳作」「舞台をうまく活かした良質サスペンス」など、じっくりと作品を味わい尽くした観客の、静かな賞賛が溢れている。さらに主演を務めたエリック・バナの、渋みのある魅力と確かな演技力も絶賛されている。

このたび解禁されたのは、そんなバナのインタビュー映像。作品への愛を存分に語る姿が捉えられている。

本作ではかねてから友人であったロバート・コノリー監督とタッグを組むことになったが、その経緯について仲の良い 2 人だからこそのエピソードを披露。「原作をすごく気に入っていたんだ。監督することになるかも、とロバートから言われて一緒に映画化しようと言ったんだ」と、バナからの逆オファーだったことを告白。

さらに彼は止まることなく原作の魅力を話し始め、「スリラーとして面白いけど、作者のメッセージも込められていてすごく映画的だと思った。オーストラリアの風景がリアルに描かれているし、主人公のフォークが気に入った。フォークという人物を掘り下げたいと思った。映画には感情に訴える力があるけど、原作にもそんな力があると思った」と熱弁。

そして心底惚れ込んだという主人公・フォークについては「フォークは過去の秘密に囚われている。父親といい関係を築けていない。(旧友の)グレッチェン、エリー、ルークとの関係も変わってしまった。ルークの死でフォークはかつての因縁を思い出すんだ」と彼を取り囲む周囲の複雑さを解説。閉鎖的な田舎町で深い人間ドラマが描かれていることを示唆する。

さらにバナはこの映画が人を惹きつける理由について、「(本作は)自分の経験を重ね合わせて見る映画だと思う。沢山のテーマがあり自分のことのように思えるんだ」と見解を示す。また本作のようなオーストラリアの現代社会を背景とした映画を作り上げたことに関して、「時間が経っても残り続ける映画を作ることができた。このような映画はオーストラリアではあまり作られない。そのことを観客が感じてくれたら嬉しい」とオーストラリア映画界を索引する製作者としての一面も見せている。

バナは本作に、主演としてだけでなくプロデューサーとしても名を連ねており、脚本や撮影を一緒にチェックしたり、ロケバスを自ら運転したりと、俳優部の仕事以外の作業も率先して引き受けていたといい、並々ならぬ熱意をもって本作に参加していたことがうかがえる。そんなバナの努力もあり、現在は続編も製作中で世界からも熱い視線が注がれている。

人気シリーズとなり得る作品の第1作目『渇きと偽り』は現在絶賛公開中。

作品情報

渇きと偽り
2022年9月23日(金)、新宿シネマカリテほか全国ロードショー

STORY
メルボルンの連邦警察官アーロン・フォークは旧友であるルークの葬儀に参列するため、20年ぶりに故郷に帰ってきた。自ら命を絶つ前に自身の妻と子供を殺したとされるルークは、10年以上も干ばつが続き、狂気に襲われたこの土地の犠牲者だと思われていた。気が進まないながらも、町にとどまって捜査を行うことにしたフォークは、自身の古傷となっている、当時 17 歳のエリー・ディーコンの死に向き合うことになる。フォークは数十年も離れて起こった 2 つの犯罪はつながっているのではないかと疑う。ルークの無実だけでなく、自身の無罪を証明すべく奔走するフォークは、彼に向けられた偏見や、怯えた住人たちが抱える鬱屈とした怒りと戦うことになる。果たしてルークは本当に家族を殺したのか―。そして過去の未解決事件の犠牲者、エリーの死の真相とは――?

監督:ロバート・コノリー
出演:エリック・バナ(『ミュンヘン』『NY 心霊捜査官』)、ジュネヴィーヴ・オーライリー、キーア・オドネル、ジョン・ポルソン
原作:「渇きと偽り」(ジェイン・ハーパー/青木創 訳)ハヤカワ文庫刊
2020 年/オーストラリア/英語/117 分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/原題:The Dry/字幕:風間綾平/G
配給:イオンエンターテイメント/後援:オーストラリア大使館

©2020 The Dry Film Holdings Pty Ltd and Screen Australia

公式サイト kawakitoitsuwari.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事