ひとりの主婦の思いつきをきっかけにした、新春にふさわしい奇跡の実話の映画化『ドリーム・ホース』(2023年1月6日公開)の予告編が完成した。

「人生をあきらめたくない、大人たちがかけた夢」

本作はイギリス・ウェールズの小さな村で起こった、新春にふさわしい奇跡のような実話を基にした感動作。ひとりの主婦が思いついた、村の皆で競走馬を育てるという夢をきっかけに、“推しのいる⽣活”がそれぞれの⼈⽣に胸の⾼鳴りと⽣きがいを呼び起こし、活気を失ったコミュニティを復活させていく。

今回解禁された予告編は、イギリス・ウェールズの谷あいの小さな村に暮らす主婦ジャン(トニ・コレット)の単調な毎日を映し出すところから始まる。子供も巣立ち、無気力な夫と二人暮らしのジャンは日中はスーパーでレジを打ち、夜は労働者クラブでバーテンダーとして働きながら、両親の介護も担っている。

単調な日々に嫌気がさしていた彼女は、クラブで共同馬主の話を耳にして強く興味を惹かれ、「私にも何かできるかもしれない」と競走馬を飼育する夢を見始める。そして、勝ったことはないけれど血統の良い牝馬を貯金で買い、種付けをして産まれた仔馬を競走馬に育てることを決意。その資金を集めるために、村の人たちに「馬主組合を作ろう」と働きかける。寂れた村の生きがいを失いかけた大人たちが集まり、2 年間、毎週10 ポンド(約1,650円)を支払って組合を結成することに。そして、産まれた仔馬は「ドリームアライアンス(夢の同盟)」と名付けられてレースに出場。奇跡的に勝ち進んでいき、彼らの人生をも変えていく。

映像では人生を変えるために競走馬を育てることを決意したジャンが、村人に呼びかけ団結していく様が活き活きと描かれ、「人生をあきらめたくない、大人たちがかけた夢」というナレーションとともに感動のラストを予感させる。

この物語は実話を元にしており、ドリームアライアンスは実在する馬。当時大きな話題となってドキュメンタリー映画『Dark Horse』(日本未公開)が制作されてサンダンス映画祭ワールドシネマ/ドキュメンタリー部門で観客賞を受賞し、満を持しての長編映画化となった。ドリームアライアンスが大きな挫折を経てから迎える、映画ならではの疾走感あふれるラスト20分の大逆転劇は見逃せない。

『ドリーム・ホース』は2023年1月6日(金)より、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国新春公開。

作品情報

ドリーム・ホース
2023年1月6日(金)より、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国新春公開

監督:ユーロス・リン 出演:トニ・コレット(『ナイトメア・アリー』『リトル・ミス・サンシャイン』)、ダミアン・ルイス(「HOMELAND/ホームランド」)
2020 年/イギリス/英語/114 分/スコープ/カラー/5.1ch/原題:DREAM HORSE
後援:ブリティッシュ・カウンシル 配給:ショウゲート

© 2020 DREAM HORSE FILMS LIMITED AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

公式サイト cinerack.jp/dream/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事