世界 No.1 のインディ・レーベルに上り詰めたクリエイション・レコーズの創設者アラン・マッギーの波乱万丈な半生を映画化した『クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~』が10月21日(金)より公開されるのを記念して、『トレインスポッティング』が10月14日(金)より期間限定上映されることが決定した。

『トレインスポッティング』
©Channel Four Television Corporation MCMXCV
10月20日(木)のみ35mmフィルムで上映

90年代にロック・シーンを席巻した「ブリット・ポップ」において、オアシス、プライマル・スクリーム、ティーンエイジ・ファンクラブ、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインなど人気バンドを次々と世に送り出したクリエイション・レコーズ。「世界で最も成功したインディ・レーベル」とも言われ、メジャーに匹敵する影響力を持ったクリエイションを創設したアラン・マッギーとは一体どんな人物なのか。その波乱万丈な半生を映画化したのが本作『クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~』だ。

本作の製作総指揮を手掛けたのは、ブリット・ポップ・ブームを象徴する傑作『トレインスポッティング』(96)を監督して世界を熱狂させたイギリス映画界の鬼才、ダニー・ボイル。ブリット・ポップを代表するインディレーベルを描くにあたって彼以外の適任者はいないと言っても過言ではない。

さらに脚本は『トレインスポッティング』の原作/脚本のアーヴィン・ウェルシュというまさに最強のコンビ。ウェルシュは映画に登場するクリエイション関連のアーティストのほとんどと親しい間柄で、原作を脚色するにあたって彼以上の適役はいなかった。

そんな最強コンビが監督に指名したのは、『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(98)で主役を務めるなど俳優として活動しながら、映画監督としても活躍するニック・モラン。モランはオアシスのノエル・ギャラガーをはじめミュージシャンの友人が多く、イギリスのロック・シーンに精通していた。

そしてファンにとって何よりも嬉しいのが主役のアラン役を、『トレインスポッティング』でも屈指の人気キャラクターのスパッド役でブレイクしたユエン・ブレムナーが務めていること。破壊的で繊細という複雑なアランのキャラクターを魅力たっぷりに演じている。

『クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~』主演のユエン・ブレムナー、脚本のアーヴィン・ウェルシュ、監督のニック・モラン

そんな本作の公開を記念して『トレインスポッティング』の 1 週間限定上映が決定。10月14日(金)~10月20日(木)まで新宿シネマカリテにて上映される。20日(木)は本作の公開前夜ということで、この日だけ 35mm フィルムで上映される。詳細は以下にて。

『クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男』公開記念
『トレインスポッティング』期間限定上映

上映館:新宿シネマカリテ
期間:10/14(金)~10/20(木)1週間限定
※14(金)~19(水)は DCP 上映、20(木)は“前夜祭”として 35mm上映
料金:1,400 円均一
「トレスポ」半券提示で、『クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~』で下記割引も実施
一般 1,900 円⇒1,600 円、学生 1,500 円⇒1,300 円※窓口でのご購入時に限る。
詳しくは劇場ホームページをご確認ください。

作品情報

クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~
2022年10月21日(金)、新宿シネマカリテほか全国ロードショー

STORY
スコットランドで生まれ育った青年、アランはロックスターになることを夢見ていたが、保守的な父親とぶつかってばかり。地元の友人とロンドンに飛び出たアランは仲間とクリエイション・レコーズを設立する。出たとこまかせのレーベル運営はトラブル続きだったが、アランは宣伝の才能を発揮。次々と人気バンドを送り出して、クリエイションはイギリスを代表するレーベルに成長する。しかし、レーベル運営のプレッシャーや家庭問題から次第にアランは精神的に追い詰められていく。

製作総指揮:ダニー・ボイル 監督:ニック・モラン 脚本:アーヴィン・ウェルシュ&ディーン・キャヴァナー
出演:ユエン・ブレムナー、スーキー・ウォーターハウス、ジェイソン・フレミング、トーマス・ターグーズ、マイケル・ソーチャ、メル・レイド、レオ・フラナガン、ジェイソン・アイザックス
2021年/イギリス/英語/110分/原題:Creation Stories
配給:ポニーキャニオン

© 2020 CREATION STORIES LTD ALL RIGHTS RESERVED

公式サイト: https://creation-stories.jp

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事