⾹港映画界の七⼈の名匠が集結したオムニバス映画『七人樂隊』がいよいよ明日10月7日(金)より公開。このたび、『七人樂隊』全体のプロデュースも務めたジョニー・トー監督のインタビュー映像が公開された。日本のファンのために応じたインタビューとなっている。

物語の舞台として「ティーレストラン」を選んだ理由とは?

映画『七⼈樂隊』は、ジョニー・トー監督のプロデュースで、⻑らく⾹港映画界を牽引してきた七⼈の名匠が集結し、1950年代から未来まで、10年ずつ年代を分けて担当した短編7本から成るオムニバス映画。七⼈の監督が特別なノスタルジーをこめ、腕によりをかけて映像化した7つの物語は、デジタルカメラが主流の現代にあえて35mmフィルムでの撮影を⾏い、過ぎ去りし“フィルムの時代”への敬意を表明していることでも注⽬されている。

今回解禁されたのは、『七人樂隊』全体のプロデュースを務めるとともに、全7作品中・5番目に上映される『ぼろ儲け』を監督したジョニー・トーのインタビュー映像。

『ぼろ儲け』の舞台となる時代は香港の中国返還直後の2000年代。ストーリーはまず2000年から始まり、とあるティーレストランで投資で大儲けを狙う若い男女3人(ン・ウィンシー、トニー・ウー、エリック・ツイ)が話し合っている場面から始まる。しかし性格の異なる3人の意見はまとまらず、その間に目をつけていたIT企業の株価はどんどん騰がってしまう。

時は流れて2003年。ガラガラの食堂に集った3人は、不動産投資でひと儲けをもくろんでいる。不動産業者は値下がり中の物件をしきりに勧めるが、テレビがSARSウイルス流行のニュースを伝えると、不安に駆られた3人は購入をためらうことに。そして2007年。相変わらず投資話に熱中している3人は、中国本土との株式直接取引が始まれば香港市場が暴騰すると見込んでいた。3人は、ついに株の買い注文に踏みきるが……というもの。

インタビュー映像でトー監督は、まず本作の経緯について「なぜ撮ったか。その理由というのはフィルム撮影です。フィルムに対して敬意を表し、考え付いたのが、何人かの監督とフィルムで映画を作ること。監督たちは香港で育ったから、香港の物語にしたんだよ。この映画は香港とフィルムに対する敬意なんだ」と明かす。

また「日本の皆さんへ。香港人の思いが詰まったこの作品を観れば、香港と僕らの思い出を知ることができます」と語る。この言葉はジョニー・トー監督のファンであれば、この3人が投資談義をしていた時代にトー監督自身が「低予算でもアイデア勝負の銃撃戦で、 かつてジョン・ウー監督や『七人楽隊』にも参加しているリンゴ・ラム監督らが70年代後半~80年代にかけて黄金時代を作り上げたように、自分達の世代で香港ノワール映画を再生させよう!」と野心を燃やしていたであろうことを想像するに難くない。

実際にトー監督は90年代後半に、出世作となった『ヒーロー・ネバー・ダイ』(1998)や『ザ・ミッション 非情の掟』(1999)で世界中の観客を感嘆させ、その後も『エレクション』(2005)でカンヌのコンペティション出品、『奪名金』(2011)でベネチアのコンペに出品されるなど、世界的名匠への道を着実に歩んできた。

さらに映像では「ぼろ儲け」の舞台として「ティーレストラン(茶餐廳/チャー・チャン・ティーン)」を選んだ理由についても語っている。トー監督は「ティーレストランは香港生活の象徴なんだ。金持ちから貧乏な人、中流階級とどんな人もいる」と語る。株投資ではなくても、若き日に仲間たちと連日のように映画談義に花を咲かせ、成功を夢見ていたトー監督たちの姿を想像できるようで、まさに本編とあわせて楽しみたい映像となっている。

『七人樂隊』は10月7日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

作品情報

七人樂隊
2022年10月7日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

STORY
カンフーマスターのサモ・ハンが修業時代の自伝的エピソードを紡ぎ上げた「稽古」。『女人、四十。』のアン・ホイが教師と教え子たちの絆を人情味豊かに描いた「校長先生」。ウォン・カーウァイ作品『欲望の翼』などの編集マンとしても知られるパトリック・タムによる刹那的な青春ロマンス「別れの夜」。『マトリックス』の革新的なアクション表現に貢献したユエン・ウーピンは、「回帰」で老人と孫娘の交流を温かく紡ぎ上げた。さらに、ジョニー・トーが投資での成功を夢見る市民を風刺した「ぼろ儲け」。 1990年代にジョン・ウーに続いてハリウ ッド進出を果たしたリンゴ・ラムの遺作「道に迷う」は、香港の街並みの変遷をひとりの中年男の心象風景に重ね合わせた感動編。“香港のスピルバーグ” ことツイ・ハークの最終話「深い会話」は、精神科医と患者の対話が予測不能にねじれていく不条理コメディである。

監督:サモ・ハン(洪金寶)/アン・ホイ(許鞍華)/パトリック・タム(譚家明)/ユエン・ウーピン(袁和平)/ジョニー・トー(杜琪峯)/リンゴ・ラム(林嶺東)/ツイ・ハーク(徐克)
プロデューサー:ジョニー・トー(杜琪峯)/エレイン・チュー(朱淑儀)
出演:ティミー・ハン(洪天明)/フランシス・ン(吳鎭宇)/ジェニファー・ユー(余香凝)/ユン・ワー(元華)/ン・ウィンシー(伍詠詩)/サイモン・ヤム(任達華)/チョン・タッミン(張達明)/ラム・シュ(林雪)

2021年/香港/広東語/111分/ビスタ/5.1ch/原題:七人樂隊/英題:Septet:The Story of Hong Kong/
日本語字幕:鈴木真理子/配給:武蔵野エンタテインメント

©2021 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved

公式サイト septet-movie.musashino-k.jp

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事