⾹港映画界の七⼈の名匠が集結したオムニバス映画『七人樂隊』(10月7日公開)のツイ・ハーク監督によるコメント映像とメイキング写真2点が解禁された。

「これは映画スタッフにとって意義があることです」

映画『七⼈樂隊』は、ジョニー・トー監督のプロデュースで、⻑らく⾹港映画界を牽引してきた七⼈の名匠が集結し、1950年代から未来まで、10年ずつ年代を分けて担当した短編7本から成るオムニバス映画。七⼈の監督が特別なノスタルジーをこめ、腕によりをかけて映像化した7つの物語は、デジタルカメラが主流の現代にあえて35mmフィルムでの撮影を⾏い、過ぎ去りし“フィルムの時代”への敬意を表明していることでも注⽬されている。

⽇本での公開に際し、7作品の掉尾を飾る「深い会話」を監督したツイ・ハークによるコメント映像が公開された。ツイ・ハーク監督は『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明』『⻄遊記2 妖怪の逆襲』等で⽇本でも多くのファンをもつ⾹港を代表する監督のひとり。創作アイデアだけでなく技術⾯でも、⾰新の先駆者であり、武侠映画の伝統を覆した出世作の『蝶変(原題)』、『天上の剣 The Legend of ZU』ではSFXの威⼒を⽰し、“⾹港のスピルバーグ”としても名を馳せている。「王朝の陰謀」シリーズ、『タイガー・マウンテン 雪原の死闘』等、今なお、最もヒットを⾶ばす監督のひとりでもある。

今回、ハーク監督が担当した時代は「未来」。完成した「深い会話」のストーリーは、精神科医(チョン・カムチン)と患者(チョン・タッミン)の対話を中⼼に進み、⾹港映画ファンにとっては思わず笑わずにはいられないスターや監督たちの固有名詞も挟みつつ、予測不能にねじれていく不条理コメディとなっている。

さらに、その医師と患者のやりとりを、隣の部屋にいる別のふたりの男性(ローレンス・ラウとラム・シュ)がガラス越しに観察しており、観るものを「⼀体、誰が医師で、誰が患者なのか︖」と混乱させる。全7作品中、最も⼀筋縄ではいかない作品であるとともに、最も鮮烈な印象を与える作品と⾔える。未来という先の⾒通せないテーマに対して、ハーク監督ならではのユーモアの効いた回答といった趣もあり、⾒逃せない⼀作となっている。

しかし、インタビューに答えるハーク監督は、作品で⾒せた観客を煙に巻くような受け答えはせず、次のように真摯に語る。「すでに僕たち映画界から関係がきれた(35mm)フィルムに対し、最後の貢献をさせてもらったこと、これは映画スタッフにとって意義があることです」。

また、仲の良い友⼈であったリンゴ・ラム監督の遺作となってしまったことにも触れ、観客が彼の作品に込められたメッセージを感じて欲しいとも話している。

『七人樂隊』は10月7日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

作品情報

七人樂隊
2022年10月7日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

STORY
カンフーマスターのサモ・ハンが修業時代の自伝的エピソードを紡ぎ上げた「稽古」。『女人、四十。』のアン・ホイが教師と教え子たちの絆を人情味豊かに描いた「校長先生」。ウォン・カーウァイ作品『欲望の翼』などの編集マンとしても知られるパトリック・タムによる刹那的な青春ロマンス「別れの夜」。『マトリックス』の革新的なアクション表現に貢献したユエン・ウーピンは、「回帰」で老人と孫娘の交流を温かく紡ぎ上げた。さらに、ジョニー・トーが投資での成功を夢見る市民を風刺した「ぼろ儲け」。 1990年代にジョン・ウーに続いてハリウ ッド進出を果たしたリンゴ・ラムの遺作「道に迷う」は、香港の街並みの変遷をひとりの中年男の心象風景に重ね合わせた感動編。“香港のスピルバーグ” ことツイ・ハークの最終話「深い会話」は、精神科医と患者の対話が予測不能にねじれていく不条理コメディである。

監督:サモ・ハン(洪金寶)/アン・ホイ(許鞍華)/パトリック・タム(譚家明)/ユエン・ウーピン(袁和平)/ジョニー・トー(杜琪峯)/リンゴ・ラム(林嶺東)/ツイ・ハーク(徐克)
プロデューサー:ジョニー・トー(杜琪峯)/エレイン・チュー(朱淑儀)
出演:ティミー・ハン(洪天明)/フランシス・ン(吳鎭宇)/ジェニファー・ユー(余香凝)/ユン・ワー(元華)/ン・ウィンシー(伍詠詩)/サイモン・ヤム(任達華)/チョン・タッミン(張達明)/ラム・シュ(林雪)

2021年/香港/広東語/111分/ビスタ/5.1ch/原題:七人樂隊/英題:Septet:The Story of Hong Kong/
日本語字幕:鈴木真理子/配給:武蔵野エンタテインメント

©2021 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved

公式サイト septet-movie.musashino-k.jp

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事