トム・ホランドデイジー・リドリーマッツ・ミケルセンという豪華キャストが放つ新感覚SFエンターテインメント『カオス・ウォーキング』より本編未収録の貴重シーンが解禁された。“北欧の至宝”ことマッツ・ミケルセンが反則級の色気を醸し出す、マッツファン垂涎の超貴重映像だ。

SNSでは「もふもふマッツさん最高」「マッツの【長】としての存在感は最強」と絶賛の声

本作はガーディアン賞、カーネギー賞など、数々の名立たる文学賞を制するパトリック・ネスの傑作SF小説を大ヒットメーカーのダグ・リーマン監督が映画化したSF映画。舞台は西暦2257年のニュー・ワールド。そこは、汚染した地球を旅立った人類がたどり着いた〈新天地〉のはずだった。だが、男たちは頭の中の考えや心の中の想いが、〈ノイズ〉としてさらけ出されるようになり、女は死に絶えてしまう。この星で生まれ、最も若い青年であるトッドは、一度も女性を見たことがない。ある時、地球からやって来た宇宙船が墜落し、トッドはたった一人の生存者となったヴァイオラと出会い、ひと目で恋におちる。ヴァイオラを捕えて利用しようとする首長のプレンティスから、彼女を守ると決意するトッド。二人の逃避行の先々で、この星の驚愕の秘密が明らかになっていく──。

11月12日(金)についに公開となった本作は、その壮大な世界観、斬新な設定はもちろん、「毛皮のコート×十字傷×ウエスタンハット」の色気ダダ漏れなマッツ・ミケルセンが大きな話題に。SNSでは、「もふもふマッツさん最高」、「マッツはお顔に傷があってたいへんエロい悪マッツでした」、「マッツの【長】としての存在感は最強」などと、盛り上がりをみせている。今回解禁されたのはそんなマッツファン垂涎の本編未収録映像。

映像には、頭の中の思考や想像が露わとなる“ノイズ”のコントロール方法を、プレンティス(マッツ・ミケルセン)が子供たちに指南する場面が収められている。

「ナイフは肌身離さず持つ。それが男だ」と意気込む少年は、幼いトッド。愛嬌のある顔立ちがトム・ホランドを思わせる。一方、《息子はこの僕だ。なぜ こいつが》というトッドへの嫉妬心が“ノイズ”として露わになりながらも、すまし顔をしている少年は、幼いディヴィ。ニック・ジョナスが演じる役の少年時代だ。

そんな二人に、プレンティスは「ノイズは力になる」と教え、それを使うには「訓練が要る」とも。「まずは“タカ”を思い浮かべるんだ」と、トッドが出した小さなタカに対して、巨大なタカを具現化してみせるプレンティス。『キング・アーサー』(04)のトリスタン役でもタカを操っていたが、こんなにもタカが似合う男はマッツをおいて他にいないだろう。

『カオス・ウォーキング』は絶賛公開中。

作品情報

カオス・ウォーキング
2021年11月12日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて公開

<STORY>西暦2257年、〈ニュー・ワールド〉。そこは、汚染した地球を旅立った人類がたどり着いた〈新天地〉のはずだった。だが、男たちは頭の中の考えや心の中の想いが、〈ノイズ〉としてさらけ出されるようになり、女は死に絶えてしまう。この星で生まれ、最も若い青年であるトッドは、一度も女性を見たことがない。ある時、地球からやって来た宇宙船が墜落し、トッドはたった一人の生存者となったヴァイオラと出会い、ひと目で恋におちる。ヴァイオラを捕えて利用しようとする首長のプレンティスから、彼女を守ると決意するトッド。二人の逃避行の先々で、この星の驚愕の秘密が明らかになっていく──。

<出演> トム・ホランド デイジー・リドリー
マッツ・ミケルセン デミアン・ビチル シンシア・エリヴォ ニック・ジョナス デヴィッド・オイェロウォ
<原作> 『心のナイフ』〈混沌(ルビ:カオス)の叫び1〉パトリック・ネス著 金原瑞人 樋渡正人訳(東京創元社)
<脚本>パトリック・ネス&クリストファー・フォード
<監督> ダグ・リーマン

【原題】CHAOS WALKING/2021年/アメリカ・カナダ・香港/英語/109分/ドルビーデジタル/カラー/スコープ/G/字幕翻訳:大西公子

配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ

© 2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved

公式サイト:cw-movie.jp

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事