『ふつうの人々』『ロスト・ドーター』などで今最も注目されている気鋭俳優の一人、ポール・メスカルが、スパイ・スリラー映画『A Spy By Nature(原題)』に出演することが決定した。米「Deadline」などが報じている。

ポール・メスカル
Simon Rowles, CC BY 3.0 https://creativecommons.org/licenses/by/3.0, via Wikimedia Commons
「ポール・メスカルに出会ったとき、完璧なスターを見つけたと確信した」

『A Spy By Nature(原題)』は『甦ったスパイ』などで知られるイギリスの作家チャールズ・カミングのベストセラー・スパイ小説シリーズの第1作を映画化する作品。『ラストキング・オブ・スコットランド』『モーリタニアン 黒塗りの記録』などのケヴィン・マクドナルド監督がメガホンを取る。

主人公の20代のスパイ、アレク・ミリウスをメスカルが演じる。若く、賢く、野心的な彼はイギリス諜報部 (MI6)に採用され、世界規模のスパイ・ゲームに巻き込まれていく。 MI6にリクルートされ、数年間働いた原作者カミングの体験が反映された物語になっている。脚色を手掛けるのは『トレインスポッティング』のジョン・ホッジら。

マクドナルド監督は「『A Spy By Nature(原題)』を作りたいと何年も前から思っていた。知性と技量と若さを兼ね備えたポール・メスカルに出会ったとき、完璧なスターを見つけたと確信した。彼のような才能のある俳優でなければ、この作品を完成させることはできないだろう」とコメントしている。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事