「ニュー・シネマ・パラダイス」で知られる映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネのトリビュート・コンサート、「オフィシャル・コンサート・セレブレーション」が11月5日(土)、6日(日)に東京国際フォーラムで開催される。

エンニオが残した名曲を、映画のシーンとともに総勢約140名のフル・オーケストラが奏でる

2020年に亡くなるまで「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」など、数々の映画史に残る音楽を創作したエンニオ。

コンサートは次男のアンドレアが指揮し、エンニオにゆかりのあるミュージシャンが多数出演。エンニオが残した名曲を、スクリーンに映し出された映画のシーンとともに、コーラスを含めた総勢約140名のフル・オーケストラが奏でる。

また、エンニオのバックステージの様子やインタビュー映像など、貴重な映像も初公開される。東京が世界初演となる。

プログラムや公演概要は以下の通り。

プログラム

「続・夕陽のガンマン」(1967)
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」(1984)
「アンタッチャブル」(1987)
「ミッション」(1987)
「ニュー・シネマ・パラダイス」(1989)
「海の上のピアニスト」(1999)
「マレーナ」(2001)
「ヘイトフル・エイト」(2016)ほか
※カッコ内は日本公開年。曲目は変更になる可能性があります。

公演概要

11月5日(土)16:00開場/17:00開演(販売予定枚数終了)
11月6日(日)11:00開場/12:00開演
11月6日(日)15:30開場/16:30開演
東京国際フォーラム・ホールA(東京都千代田区丸の内3-5-1)
S席15,000円/A席13,000円

公式HP https://www.promax.co.jp/morricone

【モリコーネの音楽を愛する著名人からのメッセージ】(出演の予定はありません)

○石丸幹二(歌手・俳優)
僕の人生のかたわらには、いつもモリコーネがいて、音楽の彩りを添えてくれた。
不意を突き、メロディーの切れ端が耳に届くとき、僕の涙腺は、なすすべもなく、ゆるんでしまう。
あたかもアルバムのページを繰るように、あの時この時の情景を思い起こしながら、いつしか彼のメロディーを口ずさむのだ。

○坂本龍一(アーティスト・音楽家)
モリコーネ先生とはついにお会いすることは叶いませんでしたが、常に身近に感じてきた偉大な存在です。
『1900』のテーマはよく弾いてきましたし、数多くある先生の音楽はいつも愛聴してきました。
先生は万人が涙する音楽も書ければ、「アラビアンナイト」のような摩訶不思議な音楽も書けるという、幅広く柔軟な能力をお持ちで、その意味でも稀有な存在です。
僕はこれからも先生の音楽を聴き続け、大きなインスピレーションを得るでしょう。
あなたがいてくださってありがとうございます。

○都倉俊一(作曲家・編曲家)
何か作曲していると時々「ニュー・シネマ・パラダイス」のメロディが浮かんでくる。ハーモニーを構成していると「あ、此れワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカだ・・」と思う時がある。
それほどモリコーネ・メロディ、モリコーネ・サウンドは僕の体に沁み込んでいるのかもしれない。
思えば16歳の頃から聞いているモリコーネは間違いなく僕の映画音楽の一つの原点である。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事